BOOK

【これだけ読めばOK!】SEOを学べる厳選おすすめ本7選

【購読時間 3分】

SEOについて学べる本をお探しのあなたに、お伝えしたいことがあります。

それは、有名な本が必ずしも役立つわけではないということです。

SEOはレベルによって学ぶべき内容が異なる上、アルゴリズムがアップデートされるたびに環境が変化します。

にもかかわらず、今では通用しない数年前の人気本がいまだに紹介されていたり、対象レベルに合わない内容の本が紹介されていたりするのです。

本記事では、今でも通用するSEOの本だけを読者のレベル別に6冊厳選しました。

本を選ぶ際の注意点もお伝えしますので、ぜひ本選びの参考にしてくださいね。

SEOの本で学べること

SEOはインターネット上の施策なだけあって、ネット上でもSEOの知識はたくさん見つけられます。

それなのに本でSEOを学ぶべきなのはなぜでしょうか?

答えは、本は一冊読むだけでSEOを体系的に学べるからです。

例えば「SEOとは」というKWでGoogle検索をすると、『検索エンジン最適化』という言葉のほか、タグやコンテンツなど、聞き慣れない言葉がたくさん出てきます。

記事によって解説度合いにはムラがあるため、場合によっては知らない言葉を調べるために記事を行ったり来たりしなければなりません。

一方の書籍の場合、1つのテーマに沿った詳しい解説が一冊にまとめられています。

イラストがふんだんに使われている場合も多いので、より感覚的に理解しやすいのも本ならではです。

SEOを本で学ぶ際に気を付けるべきこと2点

SEOを体系的に学べるのが本のメリットですが、注意点もあります。

SEOの本を選ぶ際には以下の2点に気を付けましょう。

  1. 自分のレベルや目的に合った本を選ぶ
  2. 1年前~最近の高評価がある本を選ぶ

1. 自分のレベルや目的に合った本を選ぶ

SEOを体形的に学べるのが本のメリットですが、本で情報を行ったり来たりするのは、ネットほど簡単ではありません。

例えば、初心者向けだと思って買った本が自分には難しかったとしても、もっと簡単な内容にするには本を買い直すしかありません。

特にSEOは初心者と中・上級者で学ぶべき内容が異なります。

自分のレベルや目的に合わない本を選ぶと、無駄なお金を支払ったことになってしまいます。

本の内容は十分確認した上で、自分に合った本を購入するようにしましょう。

2. 1年前~最近の高評価がある本を選ぶ

SEOの大きな特徴として、情報の入れ替わりが激しいという点が挙げられます。

検索エンジンを管理しているGoogleは、しばしばSEOのアルゴリズムをアップデートしています。

そのたびに記事の評価基準が変わり、検索順位が変わってしまうのです。

数年前は通用したのに、今ではまったく通用しなくなった手法もたくさんあります。

高評価の本でも、出版が数年前もしくは最近の高評価がついていない場合は、注意が必要です。

出版が数年前でも、最近の高評価があれば今でも通用する可能性が高いです。

本を選ぶ際は、出版年や最近のレビューを確認するようにしましょう。

【初心者向け】SEOの基礎が学べる本3冊

初心者の方がSEOを学ぶ際に大切なのは、SEOの全体像をつかむことです。

細かい用語を詳しく知るよりも、「こういうことも必要なんだ」とざっくり理解して実際に手を動かす方が、理解が深まります。

こちらでは、SEOの全体像や本質を解説してくれている以下の本3冊をご紹介します。

  1. 世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生
  2. 10年つかえるSEOの基本
  3. 【中級者~上級者向け】SEOの実践を学べる3冊

①世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生

世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生』は、その名の通り今からSEOを始める“1年生”にぴったりの1冊です。

SEOとは何かというところから、実際の記事の書き方などを非常に網羅的に解説してくれています。

ブログSEOというタイトルですが、ブログをやっていないWebライターにも十分役立つ内容です。

記事の効果測定やツールなどの紹介があるほか、内容も本質的なので、中級者以上になっても何度も読み返して役立てられます。

②10年つかえるSEOの基本

10年使えるSEOの教本』は、SEOとはそもそも何なのか、検索エンジンの目的は何なのかといった本質的な部分から解説してくれる本です。

フルカラーかつ対話形式で進めてくれるので、本が苦手という方でもさくさく読み進められます。

小手先のテクニックではなく、SEOの根本的な考え方を中心にした解説なので、Webコンテンツ作成のバイブルにもなるでしょう。

③SEO対策のための Webライティング実践講座

SEO対策のためのWebライティング実践講座』は、「10年先を見据えたSEO対策」を念頭に執筆されたSEO教本です。

SEOの基本的な考え方のほか、具体的なライティングの仕方、コンテンツの改善方法まで網羅的に掲載されています。

SEOライティングに使える便利なツールも紹介されているので、中級者以上になっても読み返せる本です。

【中級者~上級者向け】SEOの実践を学べる3冊

SEOの基礎はすでに理解している中級者~上級者の方は、より高度なSEO技術を学んでいきましょう。

SEOを強化するには内部施策・外部施策・コンテンツSEOの3施策があり、それぞれ専門的な理解が必要です。

こちらでは各施策の理解が深まる以下3冊を厳選しました。

  1. 現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル
  2. SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64
  3. 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

①現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

『現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル』SEOの内部施策・外部施策・コンテンツSEOについて1冊にまとめた本です。

SEO記事の書き方だけではなく、Googleに評価されやすいマークアップの方法や、モバイルフレンドリーなサイト構築などについて、詳しく解説しています。

SEOについて基礎的な知識は習得し、記事やサイトの順位をよりアップさせたい方には役立つ内容が満載です。

②SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64』は、Web記事に特化したライティング方法を解説している本です。

文章の書き方は紙媒体とWeb媒体では異なり、Web媒体では短時間で要点を伝え、読者に行動させる力が求められます。

本書では『伝わる文章の書き方(ロジカルライティング)』や『買わせる文章の書き方(エモーショナルライティング)』、SEOに強いコンテンツの作り方などを解説。

SEOをより強化して、PV数や売上を実際に上げていきたい方は必携の1冊です。

③沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉』は、2016年に発売されて以来Webライターやマーケターの間で大きな支持を集めたライティング教本です。

マンガ形式でストーリーを進めながら、Googleで上位表示されるための施策を分かりやすく解説してくれます。

発売が2016年ということもあり、すでに通用しなくなっているSEO施策も多いですが、Webマーケティングについて学びを深めたい方には良い入門書となるでしょう。

沈黙のWebマーケティング —Webマーケッター ボーンの逆襲—アップデート・エディションは、 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉 の続編となります。

ストーリー形式で話が進んでいくタイプです。ストーリーの途中には、より詳しいSEOライティングの解説がなされています。こちらは、2020年9月に発売されており、最近のSEO対策に近い内容となっています。

SEOの環境は日々変わっている!本では本質的な知識を学ぼう

SEOはGoogleがアルゴリズムをアップデートするたびに施策が変わります。

小手先のテクニックはすぐに使えなくなる可能性が高いので、本記事でご紹介した書籍を参考に、本質的なSEO知識を学んでみてくださいね。

SEOアルゴリズムのアップデートが頻繁に行われているのが現状です。より新しく発売された本を手に取って熟読されるとよろしいでしょう。

あなたのアクセスアップに貢献出来れば幸いに思います。

  • この記事を書いた人

みけねこ屋

ブログ部®管理人です。        2021年10月より運用開始、やっと6ヶ月が経過して、 Googleに認められた感じがします。 ブログ・アフィリエイトの情報を発信中です。 一緒にブログの樹を育てましょう!

-BOOK