macbook air on grey wooden table

SEO対策

SEOで評価される記事とは?基本知識からポイントまで詳しく紹介

【購読時間 4分】

SEOで評価される記事とは?

SEO(検索エンジン最適化)とは、Googleの検索エンジンにWEBサイトを上位表示させるための施策のことです。上位表示の一環として、WEBサイト内の記事が検索エンジン上で評価されるものである必要があります。

しかし、いざ記事を作成してみても、検索エンジン上で評価される記事をどのように作成すればいいかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、SEOで評価される記事について、基本知識から記事作成のポイントまで詳しく解説していきます。SEO対策として、記事のライティングの質を高めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

SEO記事とは?

SEO記事とは、検索エンジン上で上位表示を狙うために作成された記事のことを指します。

SEO記事を作成することは、基本的にユーザーニーズを満たすことにつながります。

なぜならば、Googleがユーザーのニーズを満たした記事を評価する傾向にあるからです。

Googleの検索エンジンでは、ユーザーが持っている悩みを検索した時に、入力されたキーワードに対して最適なWEBサイトを表示させる仕組みとなっています。

実際にGoogleの公式サイトで公開されている「Googleが掲げる10の真実」では、以下のように述べられています。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

【引用元】Google が掲げる 10 の事実

上記のように、Googleではユーザーの利便性を重視しており、記事においてもユーザーがわかりやすく、みやすいといったようなユーザーに役立つ情報になっていることが重要となります。

SEO記事を作成する上で知っておきたい基本知識

SEO対策のための記事
Photo by George Morina on Pexels.com

ここでは、SEOを意識した記事を作成する上で知っておきたい基礎知識について解説していきます。

具体的には以下のポイントがあげられます。

  • キーワード対策
  • 共起語
  • 独自性
  • E-A-Tに

キーワード対策

SEO記事を作成する上で、キーワード対策は非常に重要となります。

ここで言うキーワードとは、ユーザーが検索エンジン上で入力する言葉を指し、Googleでは以下の通りに、記事・コンテンツ内にキーワードを記載することを推奨しています。

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。”

【引用】Google「ウェブマスター向けガイドライン」

上記のウェブマスター向けガイドラインでは、GoogleがWEBサイトを認識するために、サイト内にキーワードが含まれているかどうかを判断材料として掲げています。

よって、記事を作成する時には、ユーザーニーズに近いキーワードを記事内に記載し、WEBサイトがユーザーニーズを満たす記事であることを関連づけることが、検索エンジンで上位に表示されるためには重要となります。

また、記事内にキーワードが含まれていることで、ユーザーにとっても関連性のある情報だと認識しやすくなり、WEBサイトへのクリック率の上昇が見込めます。


ただし、注意点としては、ただキーワードを羅列した記事にしてしまうと、ユーザーにとってわかりづらい記事となってしまい、不快感を与えることにつながります。

ユーザーから不快だと思われる記事はGoogleの検索エンジン上でも評価を落とす結果となり、検索順位の下落などを招いてしまいます。

あくまでもSEO記事におけるキーワードは、ただ記事内に羅列するのではなく、意味が通じる程度に配置することが大切です。

共起語

共起語とは、特定のキーワードに対して一緒に使われる言葉のことです。

例えば「冷蔵庫」というキーワードの場合は、一緒に記事内で使用されうる「サイズ」「おすすめ」「価格」などのキーワードが当てはまります。

記事を作成する際に共起語を使うことで、ユーザーが求めている情報に対して網羅制が高い情報だとGoogleに評価されやすくなるため、SEOにおいて有効な方法の一つと言えます。


また、ユーザーにとって記事全体のイメージも理解しやすくなる効果も期待できます。

しかし、共起語もキーワードと同様に羅列してしまうと記事の内容が矛盾する可能性もあるため、注意が必要です。

独自性

SEO記事作成の上で、独自性のある内容が記載されているかどうかも重要となります。

他の記事と同様の内容ばかりであると、ユーザーにとって価値を感じにくくなってしまいます。

ユーザーにとって価値ある情報にするためには、独自性のある情報を記載してあることが必要です。

例としては、直接アンケートをとった結果などの一次情報やオリジナルの動画などがあげられるでしょう。

E-A-T

SEO記事においては、E-A-Tにのっとった記事であることも評価されやすくなります。

特にGoogleでは記事の質を評価する指標として「E-A-T」を設けています。

「E-A-T」とは、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(TrustWorthiness)の頭文字をとった造語であり、ユーザーにとって役立つ情報が記事として扱われているかを「E-A-T」を用いて判断しています。


つまり、事実に基づいて深く掘り下げた内容であるかどうかをみています。

事実であれば信頼性が生まれ、掘り下げた内容であればそれだけ専門的であるといえ、多くの人に読まれればそれだけ権威性の高い記事と言えます。

Googleは「E-A-T」にのっとった記事がユーザーを第一に考えた記事だと判断しているため、記事内容で「E-A-T」が守られているかをチェックし記事の評価に反映しています。

SEOで評価される記事となるためのポイント

SEOで評価されるには
Photo by Lukas on Pexels.com

ここでは、どのように記事を作成すればSEOで評価されるのかについて、ポイントを紹介していきます。

具体的には以下のポイントを意識する必要があります。

  • ユーザーニーズに近いキーワードの選定
  • ユーザーニーズを抑えた記事にする
  • 検索エンジンで上位表示される記事のトレンドを抑える
  • 記事タイトルに対する工夫を行う
  • 目次や見出しの設定

ユーザーニーズに近いキーワードの選定

SEOで評価される記事となるためには、まずユーザーニーズに近いキーワードを選定することが重要となります。

ユーザーが興味・関心をもつキーワード、つまり検索される回数の多いキーワードを選定することで、ユーザーのニーズに近い記事の作成がしやすくなります。


こうしたキーワード選定には、キーワードプランナーなどの専用ツールがリリースされているため、利用することをおすすめします。

ちなみにキーワードプランナーでは、特定のキーワードがどれだけ検索されているかを調べて把握することが可能です。

ユーザーニーズを抑えた記事にする

キーワードの選定が終われば、同時に記事内容をユーザーニーズを抑えたものにすることが大切です。

ユーザーニーズを抑えた記事にするためには、ユーザーがどういった情報を求めているのかを把握する必要があります。このユーザーニーズには顕在的ニーズと潜在的ニーズの2種類があります。


顕在的ニーズではユーザー自身がどのようなものを求めているかはっきりとわかっている状態を表してます。

一方で、潜在的ニーズではユーザー自身がはっきりと求めているものに気づいていない状態を表します。

基本的にはどちらのニーズも満たせる記事内容にすることが理想です。

検索エンジンで上位表示される記事のトレンドを抑える

検索エンジンで上位表示される記事のトレンドを抑えることは、SEO記事の効果を高めることにつながります。

検索エンジンで上位表示されていると言うことは、それだけGoogleからユーザーニーズを満たした記事だと評価されてることを示しています。

そのため、検索エンジンで上位表示されている記事の傾向や内容を記事に反映させることにより、Googleに評価されやすいユーザーニーズを満たした記事を作成しやすくなります。

記事タイトルに対する工夫を行う

記事タイトルを工夫することもSEO記事作成において非常に重要な観点となります。

ユーザーは記事を見るかどうかを決定する基準として、記事のタイトルをみて判断することが一般的です。

Googleは記事の評価として、ユーザーによりその記事が何回クリックされたかも基準として判断しています。


記事タイトルはユーザー及び検索エンジン上でも非常に重要な要素の一つであるため、記事タイトルに対する工夫も優先すべき事項と言えるでしょう。

タイトルではユーザーに記事の内容が簡潔に伝わりやすいものにすることが大切です。

目次や見出しの設定

目次や見出しの設定を行うことで、ユーザーが記事の内容を把握しやすくなり、評価としても高くなります。

また、ユーザーが必要とした情報に簡単にアクセスできますし、見出しを設定することで、記事自体の視認性をあげ、ユーザーが内容を理解するのを手助けすることにつながります。

記事内容に関連したキーワードを盛り込むことも、Googleからの評価につながりやすくなります。

まとめ

SEOにおいては、ユーザーニーズを満たした記事にすることが最も重要といえます。

ユーザーニーズを満たすキーワードの選定や独自性のある記事にするなどさまざまなポイントがあります。

記事の内容が支離滅裂にならないよう、内容に一貫性のある記事を作成し、検索上位表示を目指しましょう。

ブログ総合研究所┃ブログは資産だ!

  • この記事を書いた人

みけねこ屋

ブログ部®管理人です。        2021年10月より運用開始、やっと6ヶ月が経過して、 Googleに認められた感じがします。 ブログ・アフィリエイトの情報を発信中です。 一緒にブログの樹を育てましょう!

-SEO対策