ブログで稼ぐ

ブログ ブログの始め方

【ブログで稼ぐ!】収益化のために「やるべきこと!」とは?

連載している「ブログ初心者講座」、今回は8回目になります。

前回は、無料で展開するための無料ブログおすすめ5選について紹介しました。

今回は、いよいよ実践編です。

ここまでずっと読んで頂いた方でも、

  • 実際にどんなブログを書いたらいいか分からない~…
  • いろいろと知識は増えたけど実践と結びつかない…
  • どうやってブログを書いていくのか…未来が見えない…

と、迷ってる方もいると思います。

そこで、この記事を読めば、

  • 記事を書く以外に、考えるべきこと
  • 実際に1記事を書くときに必要な工程は?
  • 見落とされがちな作業はないか?

などが見えてくると思います。

実際にブログで稼いでいこうと思う方には読み応えのある内容になっていますので、ぜひご覧ください。

特化ブログの場合は構成をしっかりと練る


特化ブログを書き始める前には、ブログ全体としてどんな記事を書くかという構成をしっかり練って、完成させておくことが重要です。

それは、検索エンジンであるGoogleが、『構造を好み、重複を好まない』といった背景からです。

まず、Googleが好む構造とは、階層構造のことです。

例えば、植物という大カテゴリが1階層目にあり、その下の階層に、キク科などの科名があり、さらにその下の階層にスピランサス属などの属名があるといった形です。

Googleは、こういった大きな分類から小さな分類にしっかり整理されている構造を好みます。

そのため、このような構造を意識して、各記事の構成を作った方がいいです。

そして、Googleは重複を嫌います。あるページと別のページで同じような内容の情報が保管されている…
すると、どちらのページを上位表示したらいいのかが分からなくなるんですね。

この状態をカニバリゼーションといい、残念なことにカニバリゼーションが認められるとどっちの記事も評価が下がってしまい、上位表示が難しくなることが多いです。

この2点を考えつつ、ユーザーにとって分かりやすい、理解しやすい流れで構成を考える事が重要です。

この後に続く、案件選定⇒キーワード選定⇒ライバルチェックなどもこの構成の段階に含まれます。

つまり、書くことをかなりの範囲で決めてから書き始める方がいいという形ですね。

ブログの規模にもよりますが、特化ブログは構成をしっかり練ることで得られるメリットが大きいと言えます。

案件選定

案件選定とは、どの商品やサービスを紹介するのかを決めることです。

ただし、この工程は必須ではなく、記事内では必ず商品を紹介しないといけないという決まりはありません。

この選定の基準は、「売れやすさ」×「報酬単価の高さ」になります。

売れやすく、報酬単価が高いものを紹介すれば、大きく稼ぎやすいです。

売れやすさというのは、非常に難しく

  • メディア・SNSなどで紹介されている
  • 芸能人・インフルエンサーがPRしている
  • 画期的な部分がある商品・サービス
  • 広告などの露出が多い商品・サービス
  • ASPの人に聞いてみる

など、いろいろな手段を使って調べるしかないですし、最終的には、実際にブログ記事を書いてみるしかない部分もあります。

成果の発生する案件」を見つけることは、完全に「ブログで稼ぐ」ことに直結しますので、ここの情報取りには力を入れてください。

キーワード選定

SEOにとって重要なのは、キーワード選定になります。

特定のキーワードを狙って上位表示を目指すことで稼ぎにつなげていく形になります。

狙うキーワードは、簡単に分けると

  • 商標系キーワード
  • 一般キーワード

に分かれます。

商標系キーワードは、キーワード内に商品名が入っている形であり、一般キーワードは、商品名が入ってないキーワードになります。

どちらのキーワードもGoogle検索時の「サジェスト機能」を使って探すのが一般的です。

Googleの検索枠で「うまかっちゃん」と入力していると、「うまかっちゃん 東京」など、どんどんと候補の検索キーワードが表示されます。

これが、いわゆるサジェストです。

さらに実際に検索結果を見てみると、下の方に「他のキーワード」というサジェストや「他の人はこちらも検索」などのキーワードも出現します。

これらは、一定の数 検索されているという実績があるので、サジェストとして表示されているのです。

ぐるぐると調べながら、どんどんと候補のキーワードを掘り出していくという作業を行います。

ライバルチェック

需要のあるキーワードは分かりました、それでは次はライバルチェックを行います。

狙うべきキーワードは、ニーズがあって、ライバルが少ないキーワードになります。

候補に上がったキーワードを実際に検索して調べてみます。

まず、スルーしたいのは、検索結果1枚目に

  • 楽天やAmazonなどのサイト
  • 企業や政府系のサイト
  • 大規模なサービスサイト

しか出てこないキーワードです。

こちらはYMYLといって、個人サイトが締め出されてるキーワードの可能性が高いので、スルーした方が無難でしょう。

それ以外のキーワードでライバルチェックをしていくのですが…

理想は、そのキーワードの答えを用意しているサイトが上位表示されていない状態がベストです。

さらに、個人ブログも数記事上位に入ってるようならなお良しですね。

個人ブログが上位に入っており、このページなら自分の方がいい記事書けるかも…と思えるような記事があれば狙い目となります。

集客関連(SNS・コメントまわりなど)

実際に記事を書いていくのですが、記事の書き方については、次の記事で詳細にお伝えしています。

あとは集客関連の作業ですね。

無料ブログなら、他人のブログに足跡を残したりコメントを付けたりできると思います。

そちらをやることもそうなのですが、SNSとの連携もおすすめになります。

SNS集客については、別の記事でお伝えしていますので、そちらを参考にしてください。

チェック(やってみて、どうだったか)

あと大事なのが、実際に記事を書いてみて結果どうだったか?ということです。

  • ライバルチェックの判断を迷ったけど、どうだったか?
  • 自分の方がいい記事が書けると思って参入したけど、上位に入ってるか?
  • いい記事ができたと感じたけど、その結果 上位表示してるか?

などです。

これが、今後のキーワード選定やライバルチェックにつながっていく形になります。

地道に続けていると、ニーズの少ないキーワードを狙って記事を作ったのに、ニーズの多いキーワードで上位表示されていることがあります。

このような時は、上位表示されているキーワードで、記事の内容を少しずつリライトすると良いですよ。

リライトについては、次の記事が参考になります。

調査して⇒やってみて⇒どうだったか?その後リライト⇒ とPDCAを積み重ねることで、どんどん品質を上げていくことができます。

勝てるライバル、勝てない状況なども分かるようになってきます。このPDCAの工程は、とても重要です。

徐々に高みを目指す

こうやって、ライバルと比較して優れた記事を書き、集客を継続ししてアクセスを徐々に集められるようになってくると、ブログ自体のパワーが強くなっていきます。

そうすることによって、今までは狙えなかったキーワードが狙えるようになります。

徐々に攻略が難しいキーワードも攻めていき、ブログの実力を高めていきましょう。

【ブログで稼ぐためにやること】まとめ

今回は、ブログ初心者講座のの第8回目として、ブログ初心者の方に向けて日々収益化のためにやるべきことについて、お伝えしてきました。

  • 特化ブログの時は構成をしっかり練るのが大事
  • 案件選定は収益の要
  • キーワード選定、ライバルチェックは、SEOに必須
  • SNSなどを絡めた集客も地味な作業だけど役に立つ
  • チェックして、試してみた結果を知ることも重要

少しでもお役に立てたなら幸いです。

中古ドメインでの運用を考えている方は、中古ドメインのSEO効果を検証!その驚きの結果は!? - が参考になります。

次回は、「ブログ初心者でも分かりやすい記事の書き方」について解説します。

  • この記事を書いた人

みけねこ屋

ブログ歴5年の中堅ブロガー月50万円ほどを稼いでいます。             ブログ部®の他にガジェットや通信係ブログなど6つのブログを運営中です。     ブログ部®では、120記事を公開中   月間5万PV、Twetterフォロワー数6万人を達成しています。

-ブログ, ブログの始め方