アフィリエイト アフィリエイト始め方 ブログ

アフィリエイトで初心者におすすめのツール12選

今回の記事で解決できること

  • ブログアフィリエイトで稼ぐためのおすすめツールが知りたい。
  • 実際にブログやWebライターで稼いでいる人はどんなツールを使っているんだろう。

今回の記事では、このようなブログ運営のツールに関する疑問にお答えします。

アフィリエイトで稼ぐためには様々な作業工程があります。

今回の記事では、ブログの立ち上げ・記事のライティング・SEO分析の3つに分類します。

その3つの工程に対して、これは絶対に必要!であるツールをご紹介します。

ツールを上手に使いこなすことで、作業効率が上がり、記事の品質アップにつながります。

今回ご紹介するのは、厳選された下記の12ツールです。

アフィリエイトブログにおすすめのツール12選

  • WordPress(ブログサービス)
  • エックスサーバー(サーバー)
  • AFFINGER6(テーマ)
  • ラッコキーワード(キーワード分析)
  • Ubersuggest(キーワード分析)
  • Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス(ニーズ分析)
  • 見出し(hタグ)抽出競合分析)
  • Googleドキュメント(原稿執筆)
  • 文賢(文章校正)
  • O-DAN(画像ダウンロード)
  • RANK TRACKER(検索順位のチェック)
  • Googleアナリティクス(読者の行動分析)

オススメのツールは上記の通りです。

ブログ運営の流れに沿って、利用目的や実際の使い方について1つずつ解説していきます。

ブログを立ち上げるためのツール

アフィリエイトブログを立ち上げるために使うツールは次の通りです。

アフィリエイトブログを立ち上げるためのツール

  • WordPress(ブログサービス)
  • エックスサーバー(サーバー)
  • AFFINGER6(テーマ)

これらについて1つずつ説明します。

WordPress(ブログサービス)

アフィリエイトを始めるためにブログを運営するならWordPressは必須です。

無料のブログサービス(アメブロやlivedoorブログ)はオススメしません。

なぜなら、アフィリエイト広告の掲載にルールが存在したり、デザインを自由に変更できないなどのデメリットがあるからです。

無料ブログに関しては、次の記事で詳しく解説しています。

広告リンクのルールなどが守られていない場合には、アカウントの停止やサービスの終了なども十分あり得ます。

そのようなことにならないために、WordPressでブログ開設をおすすめします。

エックスサーバー(サーバー)

WordPressでブログを立ち上げるためにはレンタルサーバーが必要です。 おすすめサービスは、エックスサーバーです。

高速サーバーで安定ができることユーザーにも好評です。

エックスサーバーWordPress クイックスタートを利用すると、簡単にWordPressブログを始めることができますよ!

WordPressブログの始め方については、次の記事でわかりやすく解説しています。

AFFINGER6(テーマ)

WordPressテーマを導入することでブログのレイアウトやデザインを簡単に整えられます。

おすすめのテーマは、ACTION(AFFINGER6)です。

有名ブロガーの多くが使っていて、その操作性・デザインには定評があります。

ぜひ、用意しておきたいツールですね。

ライティングツール

ブログで記事を書く流れは次の通りです。

ブログ記事を執筆する流れ

  • キーワード分析・・・読者がどのようなキーワードで検索しているのかを調べる。
  • ニーズ分析・・・キーワードに関してどんなことで困っている人が多いのかリサーチする。
  • 競合分析・・・競合サイトはどのような記事の構成になっているか分析する
  • 原稿執筆・・・実際に記事を書き上げる
  • 文章校正ツール・・・文章が文法的におかしくないかをチェックする
  • 画像処理・・・アイキャッチや記事内の画像を処理する

記事制作時には分析をしっかり行なった後で、執筆を行なっています。

この流れで実際に記事を制作する時に利用しているライティングツールをご紹介します。

キーワード分析に使えるツール①:ラッコキーワード

ラッコキーワードは、検索した言葉の関連キーワードを教えてくれるツールです。

たとえば『英会話 スクール』とラッコキーワードで検索してみると、以下のキーワードが表示されました。

「英会話 スクール」からラッコキーワードで発見されたキーワード

  • 英会話 スクール オンライン
  • 英会話 スクール 比較
  • 英会話 スクール 安い
  • 英会話 スクールランキング
  • 英会話 スクール ビジネス
  • 英会話 スクール 社会人
  • 英会話 スクール 大人
  • 英会話 スクール ハローズ 料金
  • 英会話 スクール 出会い

これは、「英会話 スクール」と検索した人の中で、『オンライン』『比較』『安い』『ランキング』などを追加して検索した人が多いことを表しています。

これらのキーワードでの検索上位が取れると、サイトにたくさんの読者を集められます。

ラッコキーワード公式サイト

キーワード分析に使えるツール②:Ubersuggest

Ubersuggestはラッコキーワードで検索したキーワードをさらに深く分析するために利用します。指定したキーワードについて下記の項目が調べられます。

Ubersuggestで調べられること

  • 検索ボリューム
  • SEO難易度
  • 有料難易度
  • クリック単価

先ほどの例で発見した「英会話 スクール オンライン」というキーワードをUbersuggestで検索してみると、次のような結果が返ってきました。

特に私が記事を書く上で気にしているのが、検索ボリュームです。

検索ボリュームが1000以下であれば、個人ブロガーである僕でも戦える見込みがあるかと感じます。

逆に1万近い検索ボリュームのキーワードは大手メディアや超競合ブログがひしめき合っている難易度が高いキーワードなので記事を執筆する優先順位は低くなります。

また、Ubersuggestでは指定したキーワードへ追加できる、キーワードの候補が表示されるので、その内容を記事の構成に含んで制作することもできます。

Ubersuggest公式サイト

ニーズ分析に使えるツール:Yahoo!知恵袋

記事の構成を考える際には、キーワード分析を行なった後でニーズ分析を行うようにしましょう。

ニーズ分析とは、記事を執筆するキーワードで実際に検索する人が、どのようなことで困っているのかを調査することだと位置づけています。

ニーズ分析で使用するのが、Yahoo!知恵袋です。記事のキーワードでYahoo!知恵袋で検索します。

たとえば、英会話 オンラインYahoo!知恵袋で検索してみたところ次のようなことがわかりました。

これらの実際に存在する悩みに対して、答えることができる記事を執筆することを意識してみましょう。

その結果、読者満足度を高めることができて、SEO対策にも繋がっていきます。

Yahoo!知恵袋公式サイト

競合分析に使えるツール:見出し(hタグ)抽出

キーワード分析・ニーズ分析と進められたら、さらに競合分析を行ないます。

記事を執筆する際に上位サイトをリサーチするのは必須です。

現在、どんな記事が検索順位上位を獲得しているのかを知り、自分が書く記事に反映させることはSEOに効果があります。

実際には、記事を書きたいキーワードで、検索上位を獲得しているページがどんな記事内容で構成されているのかを調べます。

見出し(hタグ)抽出ではGoogle検索上位のページの『見出し』が抽出できます。

検索上位のページを全て読むのがベストですが時間が取れない時は、上位3ページだけは読んでおきましょう。

そういった時には見出し(hタグ)抽出を利用して、見出しだけでもチェックしておくのがおすすめです。

見出しをチェックすることで記事構成をシンプルに確認できます。

基本的には、上位ページに共通している項目は記事に盛り込むのがポイントとなります。

その内容が含まれているかどうかが検索上位の基準になっている可能性があるので抑えておきましょう。

>>ラッコツールズ 見出し(hタグ)抽出を使ってみる

記事原稿執筆に使えるツール:Googleドキュメント

キーワード分析・ニーズ分析・競合分析が終わると、記事の執筆に移ります。

記事原稿の執筆に使えるツールとしては様々な物があります。

実際、これまで純正のメモ帳やWord、Evernoteなどいろいろなツールを使ってきました。

私は、現在のところ記事原稿の執筆に「Googleドキュメント」を利用しています。

その理由は次の2つです。

Googleドキュメントを使う理由

  • PC・iPad・スマホなど様々なデバイスでシームレスに利用できる
  • Webライターの仕事でGoogleドキュメントで提出する案件が多い

私は記事の執筆にPC・iPad・スマホを使っています。自宅のPCで集中して書く時もあれば、カフェや出先でiPadを使って書く時もあります。

そのため、様々なデバイスでスムーズに利用できるGoogleドキュメントが原稿執筆には最適だと感じています。

>>Googleドキュメントを使ってみる

文章校正に使えるツール:文賢

記事の執筆ができたら文章校正のツールとして『文章作成アドバイスツール文賢』を利用しています。『文賢』では、次のようなことができます。

文賢でできること

  • 読みやすさのチェック
  • わかりやすさのチェック
  • 不快語のチェック
  • 日本語の誤用チェック
  • 誤字・脱字のチェック
  • 環境別の見え方チェック

記事の読みやすさやわかりやすさをチェックすることは難しいので、『文賢』で執筆後に記事を突っ込んでみて結果をチェックするようにしています。

自分が書いた記事をチェックしてくれるツールがあることで、自分が書いた記事を客観的に分析できるようになります。

文章作成アドバイスツール『文賢』公式サイト

画像ダウンロードに使えるツール:O-DAN

O-DANは、著作権フリーの素材を40以上のサイトから検索してくれるサービスです。

ブログ集客には「画像」も大切な要素のうちの一つ。アイキャッチや、記事内に挿入する画像などは、読者の見やすさに繋がる部分です。

文章をわかりやすく伝えるためにも画像にはこだわっていくべきです。

SHUTTER STOCKやADOBE STOCKなど有料の画像サイトでは高品質の画像がダウンロードできますが、月額5,000円程度の費用が掛かるのがネックとなります。

ブログで収益がまだ出ていない初心者ブロガーには、この金額を出すことは難しいでしょう。

そこで、おすすめできるのがO-DANです。O-DANなら無料で高品質の画像をダウンロードできます。

有料サービスには少し届かない部分もありますが、それでもブログに掲載するに耐えうるレベルの画像が無料で利用できます。

O-DAN公式サイト

SEO分析をするときに使うツール

最後にSEO分析に使えるツールをご紹介します。

ブログ記事を執筆する流れ

  • 検索順位のチェック
  • 読者の行動分析

僕がブログのSEO分析で行なっているのは、主にこの2つです。

アフィリエイトで稼ぐためには、検索順位を高めて、ブログの読者を増やし、読者に満足してもらうことが必要です。 おすすめのSEO分析ツールをご紹介します。

検索順位のチェックに使えるツール:GRC

これまで紹介してきたとおり、ブログ記事はキーワードを意識して制作します。

そして、記事の制作後、狙ったキーワードでのSEOでの結果を分析することが必要です。

その指標になるのが『検索順位』です。 自分が狙ったキーワードで検索上位が取れていれば、キーワードに見合う分だけの集客が見込めます。

また、読者満足度が高いページほど検索上位になりやすい性質があります。

そのため、検索上位が取れているならば、その記事は読者の満足度が高いと言えるでしょう。

検索順位を調べるツールとしてはGRCが有名です。GRCでは、指定しておいたキーワードの検索順位を自動で入手してくれます。

GRCについて詳しくは次の記事で解説しています。

読者の行動分析に使えるツール:Googleアナリティクス

「Googleアナリティクス」は、すべてのアフィリエイトブロガーが導入しているといっても過言ではないと思います。
Googleアナリティクスでは、次に挙げることなどが調べられます。

Googleアナリティクスで調べられること

  • アクセス元
  • アクセス数
  • ユーザー数
  • ユーザーの性別・年齢・種類
  • 平均滞在時間
  • 直帰率
  • 離脱率
  • 流入元
  • 端末種類

Googleアナリティクスでは、読者のブログを訪れてから行なった行動について分析できます。

私が特に気にしているのは、記事ごとの平均滞在時間です。

平均滞在時間が記事の長さに対して短かすぎる場合は、記事を読むことを途中でやめてしまっている=記事がおもしろくないと認識できます。

そのため、そういった平均滞在時間が短い記事から優先的にリライトするようにしています。

>>Googleアナリティクスを使ってみる

まとめ

今回はアフィリエイトブログで稼ぐためのおすすめツールについて紹介しました。

ブログの立ち上げ・記事のライティング・SEO分析の3つに分類して紹介してきましたが、今回ご紹介したツールは下記の12個です。

アフィリエイトブログにおすすめのツール12選

  • WordPress(ブログサービス)
  • エックスサーバー(サーバー)
  • AFFINGER6(テーマ)
  • ラッコキーワード(キーワード分析)
  • Ubersuggest(キーワード分析)
  • Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス(ニーズ分析)
  • 見出し(hタグ)抽出競合分析)
  • Googleドキュメント(原稿執筆)
  • 文賢(文章校正)
  • O-DAN(画像ダウンロード)
  • RANK TRACKER(検索順位のチェック)
  • Googleアナリティクス(読者の行動分析)

最後になりますが、「使ってはいけないツール」についても紹介しておきたいと思います。

使ってはいけないツールとは、「○○自動化」ツールです。基本的には、なんでもかんでも自動化するやつは危険だと思っていて間違いありません。

たとえば、ブログの自動記事作成などです。 SNSに取り組んでいるブロガーも多いですが、『自動いいね・フォローツール』・『フォロワーを買う』なども含まれます。

これまで実際に試してみましたが、『ブログの自動記事作成』ツールでは、とてもブログに掲載できない酷い記事しか生成されませんでした。

また、多くのSNSでは自動化ツールの規制や監視の強化を行なっています。

いいね自動化ツール』を利用していたTwitterアカウントがアカウントの停止(垢バン)規制を受けたという話も聞いています。

しっかり自力で稼いでいく意識が現代のアフィリエイトには必要です。そのために役立つのが、今回ご紹介した正攻法のツールです。

今回ご紹介した物の中で、使ってみたいという物があればぜひ試してみてください。

また、ツールに関する質問や、「こんなツール使ってるよ」という貴重なご意見があればコメント欄にどうぞお寄せください。

  • この記事を書いた人

ニカ

フリーのWebライターとして活動しています。 これからブログや、ライティングの仕事を始めたい人に情報を発信しています。

-アフィリエイト, アフィリエイト始め方, ブログ