ドメインパワー

SEO対策 ブログ

ドメインパワーの調べ方や上げる方法を徹底解説

ドメインパワー(ドメインオーソリティ:Domain Authority)とは、ドメインが持っている強さのことです。

言い換えると、Googleなどの検索エンジンからどれだけサイトが信頼されているかを表しています。

ドメインパワーが上がると、検索順位の上昇やコンテンツのインデックス率の向上などSEO全般での効果が期待できます。

Googleなどの検索エンジンは、検索順位を決定する際にドメインパワーを重視しているからです。

今回の記事で解決できるお悩み

  • ドメインパワーの調べ方を知りたい
  • ドメインパワーを計測するためのツールを知りたい
  • ドメインパワーの必要な目安が知りたい
  • ドメインパワーを上げる方法が知りたい

今回はこのような、ドメインパワー全般に関する疑問にお答えしていきます。

ドメインパワーの調べ方

ドメインパワーを調べるツールには様々な物があります。今回はその中でもおすすめできる計測ツールをご紹介します。

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツールは登録不要で無料で利用できるドメインパワー計測ツールです。

なんといっても、日本語で利用できるのが、パワーランクチェックツールを使うメリットです。

調べたいサイトのドメインを入力するだけでドメインパワーをチェックできます。

1日1回までの利用制限がありますが、アカウント作成(無料)とメルマガ登録をすると1日3回までに利用枠を増やせます。

当ブログは中古ドメインで運用されています。ドメインパワーが高いですね。

MOZBar

MOZBarはGoogle Chromeのアプリとして無料で利用できるドメインパワー計測ツールです。
MOZBarを使う最大のメリットは超お手軽にドメインパワーを調べることができること。

特別な操作をしなくても閲覧しているサイトのドメインパワー(DA)とページパワー(PA)をチェックできます。
また、Googleの検索結果画面で各サイトのPAとDAをチェックすることも可能です。

Googleの実寸値を知ることはできない

注意しておきたいのが、今回ご紹介したツールを含めて、どのようなツールを利用してもGoogleが測定している実寸値はわからないということ。

ドメインパワー計測ツールもGoogleと同様に『コンテンツの質』や『被リンク』などから計測しています。

ですが、Googleのアルゴリズムがドメインパワーを決める際の算出方法は公表されていないため、ツールの計測値は目安ということになります。

ドメインパワーの目安

ドメインパワーには、「いくらあればいいか?」という決まった正解はありません。というのも、競合サイトとの『比較』で見るべきものだからです。

たとえば、ドメインパワーが強いサイトが検索上位に並ぶキーワードでは、ドメインパワーが弱いサイトは不利になります。

つまり、その逆を狙うことによって上位表示を目指すことができます。

パワーランクチェックツールでは、競合サイトのドメインパワーを簡単に調べられます。

ドメインパワーが強いサイトが並ぶキーワードでは、ロングテールキーワードに変更したり、SNSなどからの集客を目指したり、といった措置をとる必要があるでしょう。

最初からドメインパワーが強い中古ドメインを考える場合、こちらの記事が参考になります。

あわせて読みたい記事

ドメインパワーを上げるための3ポイント

ここからはドメインパワーを上げるためのポイントを3つご紹介します。

ドメインパワーを上げるための3ポイント

  • 質の高いコンテンツを作る
  • 質の良い被リンクを獲得する
  • 長期的にサイトを運営する

一つずつ詳しくお話します。

質の高いコンテンツを作る

Googleはページごとにコンテンツの評価をしています。

そして、高く評価されているページが多いサイトほどドメインへの信頼度が高まる(=ドメインパワーが上がる)という流れです。

Googleから高く評価されるページには次のような特徴があります。

Googleから高く評価されるページとは

  • 的確な情報発信をしている
  • 他にはない独自的な内容が含まれている
  • 専門的で深い洞察が見える
  • 記事の構成が論理的で読みやすい
  • 画像や動画を効果的に使っている

どれも簡単にできることではありませんが、一つずつ取り組んでいきましょう。

コンテンツについては以下の記事でくわしくお話していますので、そちらも参考にしてみてください。

質の良い被リンクを獲得する

被リンクとは、外部のサイトから自分のサイトへ向けられたリンクのことです。

被リンクが多いほど、ページのコンテンツが優良であることを示します。

これは、論文の世界と同じ考え方です。論文では、『引用』が多くされている論文ほど評価が高くなります。 

引用が多いと言うことは、他の研究者や学者にとって参考になる部分が多いと言えるからです。

引用はWebサイトの世界では『被リンク』に置き換えられます。被リンクが多いサイトほど参考になる部分が多い有益なページだといえるでしょう。

被リンクを集める方法は、ポイント①と同じことにはなりますが質の高いコンテンツを作ることが最優先です。

ですが、他の人に紹介したいと思えるレベルのコンテンツ力を持ったページを作ることはとても難しいことです。

そのため、コンテンツ力を高める以外での被リンクを集める方法をプロのサイト運営者も常に考えています。

たとえば、サイト運営者同士の繋がりをオンラインサロンなどで作り、『サイトを記事内などで紹介してもらう』などといった施策を取ったりしています。

あわせて読みたい記事

有料の被リンクは無意味

有料の被リンクとは、「月額5,000 円で500サイトからリンクされる」といった、金銭の授受を伴うリンク提供のこと。

被リンク集めはとても難しいので、お金で解決しようという考えも理解できます。ですが、こうした有料の被リンクは無意味です。

それどころか、有料の被リンクを入れた途端に検索順位が大きく下がるなどマイナスに作用してしまうことも珍しくありません。

有料の被リンクを購入すると、無関係な内容や中身がないサイトから大量にリンクが張られることになります。

こうした行為は意味がある被リンクとは言えず、現在Googleが排除しようとしている行為にあたります。

長期的にサイトを運営する

ドメインパワーを高めるためには長期的にサイトを運営することも重要です。

というのも、ドメインのサイトの運営期間も、ドメインパワーに影響すると考えられているからです。

ドメインパワー、サイトの信頼性によって高まります。サイトを長く運営していることは、実績を作っていることと同じ意味合いになります。

そのため、サイトの運営期間(=ドメインエイジ)が長いほど、ドメインパワーが高くなっていきます。

もちろん、品質が低いコンテンツを量産するだけでは、サイトの運営期間が長かったとしてもドメインパワーにはほとんど意味がありません。

ユーザーにとって有益なコンテンツの提供を継続することが必要です。

まとめ

今回の記事ではドメインパワーについてお話してきました。

ドメインパワーを調べるツールは、『パワーランクチェックツール』と『MOZbar』がおすすめです。

どちらも無料で使えるツールなので、ぜひ利用してみてください。

また、ドメインパワーを上げる施策として次の3つをご紹介しました。

ドメインパワーを上げるための3ポイント

  • 質の高いコンテンツを作る
  • 質の良い被リンクを獲得する
  • 長期的にサイトを運営する

ぜひ、一つずつ意識して取り組んでほしいと思います。ドメインパワーを高めてSEOで大きな成績を出しましょう!

  • この記事を書いた人

ニカ

フリーのWebライターとして活動しています。 これからブログや、ライティングの仕事を始めたい人に情報を発信しています。

-SEO対策, ブログ