SEO対策 アフィリエイト

2022年からのSEOを成功させるために必要な思考を

もうひとつ共有しておきます。

世の中のコンテンツの品質が一定以上になった今、

「何」を「どう」書くか以上に、

「誰」が「何」を「どう」書くかが重視されています。

実は大手企業はこの「誰」におけるプレゼンスが非常に高く、

検索市場の土俵に立った時点で、

小さな個人よりも圧倒的な信頼を得ています。

よって、小さな個人が大手企業と同じ品質のコンテンツをつくっても、

信頼性ではなかなか敵いません。

そもそも、大手企業はコンテンツひとつ発信するにも

さまざまなチェックを通し、細心の注意を払っています。

とくに上場企業になると、

一つひとつの活動が社会から監視されています。

不適切なコンテンツを出してしまうと株価に影響しますし、

社会的責任の重さも個人の非ではありません。

つまり、コンテンツ内でいい加減なことは書けないのです。

しかし、その縛りこそが、大手企業の信頼性を担保し、

SEOにおいても評価されやすい要因となっています。

よって、今や個人は

「個人ならではのコンテンツ」を優先してつくるべきで、

大手企業もつくれるコンテンツに執着すべきではありません。

ではどんなコンテンツをつくればよいのでしょうか?

そのヒントとなるのが「主観性」のあるコンテンツです。

主観性のあるコンテンツとは、

カンタンにいえば「私がオススメする系コンテンツ」です。

実はこの「おすすめ+●●」というクエリは、

個人のサイトであっても、まだまだ上位表示しやすい検索市場です。

なぜ、個人でも上位表示できるのでしょうか?

それは、検索ユーザーとの「距離感」をコントロールしやすいからです。

そもそも、何かを「おすすめ」するには

「寄り添う距離感」が必要です。

人は何かを買うとき、何かを申し込むとき、

どこから買うか、誰から買うか、を重視します。

得体の知れないサイトや、知らない人から商品を買うのは怖いですよね。

「相手をきちんと見て商品を買いたい」と思うのが普通です。

個人の場合、検索ユーザーとの目線を合わせやすく、

あなたが「誰であるか」をしっかり伝えれば、

そこで生まれる商取引は、いわゆる対人コミュニケーションに近くなります。

つまり、「適度な距離感で商取引をしたい」という一定のニーズがある以上、

検索結果もそのニーズに応える形で、

個人のサイトが運営する「おすすめサイト」を上位表示させるのです。

もちろん、法人であっても、

「寄り添う距離感」を意識できていれば、

高い信頼性を担保した上での上位表示を目指せます。

では「寄り添う距離感」をコントロールしたコンテンツとは

どのようなコンテンツなのでしょうか?

その答えとなる言葉が「ソリューション(解決策)」です。

検索ユーザーはぶっちゃけ、

検索したいわけではないし、コンテンツを見たいわけではない。

「課題を解決したい」「願望を達成したい」だけなのです。

さらにいえば、「願望を達成したい」という気持ちは、

「願望が叶わない現状を打破したい」という課題に集約できます。

つまり、検索ユーザーが求めているのは、

あらゆる課題を解決する「ソリューション」なのです。

そして、このソリューションこそ、

寄り添う距離感が色濃く出るアプローチとなっています。

具体的なノウハウは次回のメルマガの中でお届けしますが、

実は世の中のコンテンツの多くは「コンテンツ止まり」となっており、

「ソリューション」までをしっかり意識できていません。

ソリューションという概念を理解できれば、

「ソリューションになるには、これが足りない」

「ソリューションになるには、これが必要だ」

といったコンテンツの改良点に気づくはずです。

コンテンツを「ソリューション」というレンズを通して見ることで、

これまで見えなかったコンテンツ改善の切り口が手に入るのです。

コンテンツは飽和気味ですが、

「ソリューション」はまだまだ飽和していません。

だから、すべてのコンテンツは「ソリューション化」すべきであり、

サイトオーナーは「ソリューション思考」をもつべきなのです。

ソリューション思考に重要なのは、

ティーチングというより「コーチング」的な考え方です。

SEOは一般的に検索クエリという「質問文」に対して、

最適な回答を迅速かつ的確に返すことがベストだといわれますが、

ソリューションにおいては、ただ正解を与えるのではなく、

相手を「相手にとっての正解」に【導く】ことが大切です。

それが「寄り添い」につながります。

「寄り添い」という言葉を頭に浮かべていただければわかりますが、

大きな規模の存在に寄り添われると居心地が悪いですが、

小さな規模の存在に寄り添われると安心できますよね。

つまり、相手にとっての正解に導くアプローチをとる際には、

個人が法人よりも有利になる可能性だってあるのです。

この「ソリューション思考」こそ、

前述の信頼性=コアトラストと同じくらい重要な概念です。

姉妹サイト ブログ部 よろしくお願いします。

-SEO対策, アフィリエイト