WordPres始め方

ライティング

ボディーコピーの書き方は?4つのポイントをおさえ反応率UP!

ボディーコピーを書いて反応をよくしたい!・・・でも、書き方がわからない!

効果的なボディーコピーは、どう書けば良いの?」と疑問を持つことがあると思いますが、実は文章に必要な4つの要素を理解すれば執筆できます。

今回は、ボディーコピーを書くときの4つのポイントについての解説です。

読者の疑問読者の疑問

  • ボディコピーの書き方を知りたい!
  • 執筆中に、何を書けばよいのか困り、手が止まる

そんな方は、ボディーコピーを書くときの4つのポイントがおすすめです。

また、ボディーコピーの注意点についても紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

ボディーコピーとは?

ボディーコピーとは、キャッチコピーに興味を示しているユーザーに対して、解決策を提案するために書く文章です。

この段階では、最終的に「商品が欲しい!」と思ってもらう必要があります。

そのため、コピーライティング初心者にとって、一番の難関といわれています。

ボディーコピーの役割

ボディコピーの重要な役割は、クロージングにつなげることです。

ボディーコピーは、販売のセールストークと似た役割を果たしています。

次のクロージングにつなげるために、商品の説明をして、購買意欲を高める大切な文章のパートになります。

効果的なキャッチコピーで、フックできたとしてもボディーコピーの内容がズレていると、一気にユーザーの心が離れてしまうため注意しましょう。

また、商品について説明するプロセスなので、文章のボリュームが一番多くなります。

ただ、慣れていないと何を書くべきかわからなくなり、路頭に迷いがちです。しかし、当記事を読んでいるあなたは、悩む必要はないので安心してください。

4つの要素」を意識して書くことで、魅力的なボディーコピーが作成できます。

ボディーコピーの書き方

慣れないうちは、4つのポイントを抑えてボディコピーを書きましょう。

ボディーコピーを書くには、以下の要素を知るとスムーズに書けます。

なぜなら、お客様はこれらの4つの疑問を抱えているからです。

  1. 商品を購入した「結果」を示す
  2. 自分でもできるのか「実証」する
  3. 商品への「信頼」を伝える
  4. 購入後の「安心」を与える

それぞれの要素を理解して、ボディーコピーを書き上げられるようにしていきましょう。

商品を購入した「結果」を示す

商品が気になっているお客様は、購入した「結果」を求めています。

そのため、「これが私にどう役に立つの?」という疑問を解消することから始まります。

例えば、お掃除ロボットについて気になる人は、「掃除の自動化により家事を楽にして時間を作る」という結果を求めています。(家事の苦痛を回避したい)

そして、自由な時間に趣味や子供と過ごしたいのかもしれません。

また、デジタルカメラを探している主婦なら、「動き回る小さい子供の写真、学校行事の写真などの思い出を残す」という結果を求めているのです。(快楽を得たい)

このように、結果を得るために購入することを理解しましょう。

自分でもできるのか「実証」

次は、「これは、私でもできるの?」という疑問に答える必要があります。

そのために、結果が出る理由を「実証」するのです。

お掃除ロボットであれば、「ボタンを押す手順や、時間帯の設定、吸引力の設定、スマホ・リモコンでの遠隔操作方法」を教えるということです。

デジタルカメラを例にすると、下記の手順になります。

  • カメラ本体の電源ボタンを入れる
  • 撮影モード選択ボタンで、夜景モード、人物モード、風景モードを設定する
  • シャッターのボタンを押して撮影する

このように、購入に迷っている方に向けて、どんな結果を得られるかについて実証していくのです。

商品への「信頼」を伝える

結果が得られることを実証できたら、「あなた(商品)は、信用できるの?」という疑問を解消していきましょう。

そのために、商品を信頼できる理由を伝えていく段階です。

信頼を伝えるには、下記のような伝え方があります。

  • ○○のドラマで有名な女優のBさんが愛用しているサプリ
  • カメラは、有名なS社で製造されており、業界でトップシェアを誇ります。
  • 診療実績が2022年4月時点で20万件を超えているクリニック

それ以外に、口コミ・評判なども信頼の要素として含まれています。

信頼できる理由が多いほど、より購買意欲は刺激されるでしょう。

購入後の「安心」を与える

最後に、「これは、私に効果があるの?」という疑問を解消していきます。

お客様が最後に知りたいのは、この商品を安心して使ってよい理由です。

購入に至らない理由は、拒否しているのではなく、値段に合わない出費を恐れています。

そこで、ほかのお客様が購入して満足度が高いことを伝えるとよいでしょう。

これは、一番人気のデジタルカメラです。

今月は、既に95名の方にお買い求めいただいております。

実際に購入していただいた、お客様からは、このような声をいただいております。

(実際に、口コミ、評判を読んでもらう)

ボディーコピーは、「結果・実証・信頼・安心」が揃うと効果を発揮する!

ボディーコピーは、前述したとおりで「結果・実証・信頼・安心」の4つの要素が合わさり本領を発揮します。

なぜなら、ひとつでも欠けているとお客様の心のブレーキになる恐れがあるからです。

それぞれの要素からの、感情変容は以下のようになります。

  1. 結果が手に入れば、お客様は欲しくなる
  2. 実証ができれば、自分でもできることがわかる
  3. 信頼があれば、お客様は、商品にポジティブな態度になる
  4. 安心を与えると、不安要素が消えて購入を検討する

この4つの要素に沿ったボディーコピーを作成できれば、お客様の疑問は晴れていき、行動できるようになるでしょう。

ボディーコピーが書けないときの原因

4つの要素を理解したあと、書こうとしても、なかなか手が動かないことがあります。

このような場合は、文章が書けない原因について、考えてみましょう。

ボディコピーが書けないときの原因は、下記のとおりです。

  1. 顧客の得たい結果とマッチしていない 
  2. イメージやセンスに頼っている
  3. 信頼できない

では、ボディコピーがうまく書けない原因を探っていきましょう。

顧客の得たい結果とマッチしていない

ターゲットの得たい結果とマッチしない紹介だと、良い反応が得られなくなります。

なぜなら、この商品を買って得られる結果と望んでいることが違うからです。

今一度、根本的な悩みについてお客様の立場になって考えてみましょう。

顧客について最低限の5項目を調べる

ターゲットにしたい、顧客に関して以下の5項目を明確にしましょう。

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 所得
  4. 職業
  5. 家族構成

実際の統計データがない場合は、複数の仮説を立てることが必要です。

3~5人ほど、人物設定を考えてみましょう。

ライフスタイル、性格

上記を明確にしたあとは、消費者の立場を理解するために以下の項目を決めましょう。

  1. ライフスタイル
  2. 性格

この段階でより、ターゲットが具体的になっていきます。

ターゲットを一人まで絞る

最後は、上記の2ステップの情報をもとに、一人の人間として鮮明に思い描けるように落とし込んでいきます。

  • 何時に起床して、どんな気分になっているのか?
  • どのような通勤/通学手段なのか?
  • 日中は、どんなことをしていて、どんな気分か?
  • 夜、帰宅してからホッとしているときに何をしているのか?
  • 次の日に向けて、どんな決意をして寝床につくか?
  • 職場/学校の人間関係への満足感はあるのか?

など詳細に、日常が思い描けるくらいに落とし込み、「一人の人間」として見えてくるようにできれば、何を文章に書くべきなのかみえていきますよ。

イメージや感覚に頼っている

イメージや感覚的な要素で、ボディコピーを書くと内容にズレが生じてきます。

自分が、そう思ったから書くというよりも、悩んでいる人のことを映像化したうえで「あなたの悩みは、これで解決できます」と伝えることが大切です。

くれぐれも、思い付きで文章を書かないように注意しましょう。

感覚のみで、手を動かさずに「急がば回れ」を意識することが大切です。

信頼できない

信頼」のパートが弱いと、ボディーコピーの効果が弱くなります。

例を出すと、単純に実績0のライターよりも、実績が豊富、SNSのフォロワー、クライアント評価などが高いライターを選びますよね?

そのため、信用に値する要素を持っていないかを書き出すことが必要です。

売れない営業マンに例えると、ボディコピーがわかりやすい理由

ボディコピーを営業マンや販売員に例えると、よりわかりやすくなります。

なぜなら、セールストークと概念が似ているからです。

自分が買い物をしているときに、「この人から絶対に買いたくない」と思った出来事が必ずあると思います。

ショッピングに行ったときに、こんな人いませんでしたか?

  • ひたすら商品の説明のために、マシンガントークをしてくる
  • ノルマで精一杯なのか、やたらと売りつけてくる
  • こちらの話を聞かずに、的外れな商品をすすめてくる

いずれも、4つの要素を守れておらずに、他社意識に欠けていますよね?

(押しに弱い人や、騙されやすい人は、買う可能性は考えられますが……)

仮に購入に至っても、本当の満足をお客様が得られません。

そのため、ボディーコピーを作成するときは「for me」ではなく「for you」を意識するようにしましょう。

まとめ

今回は、ボディーコピーを書くときの4つのポイントについてご紹介しました。

ボディーコピーを書くときの4つのポイントについての要点を以下にまとめます。

・ボディーコピーは、結果・実証・信頼・安心の4つの要素で書く

・販売と同じように、顧客にどのような結果を与えたいかの仮説が必要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

みけねこ屋

ブログ歴5年の中堅ブロガー月50万円ほどを稼いでいます。             ブログ部®の他にガジェットや通信係ブログなど6つのブログを運営中です。     ブログ部®では、120記事を公開中   月間5万PV、Twetterフォロワー数6万人を達成しています。

-ライティング