アフィリエイト

【2022年最新版】アフィリエイトで稼げるジャンルは?ジャンルが決まらないときはこれ!

稼げるジャンルで勝負

副業としてアフィリエイトを始める人が増えていますが、いざ始めると「どのジャンルでアフィリエイトを始めたらいいか分からない」という人も少なくありません。

アフィリエイトは商品をブログなどのウェブサイトに掲載すると、そこから発生した売り上げの一部が還元されるという仕組みですので、どのジャンルでも一定の収益を上げることはできます。

しかし、商品やジャンルによって還元額が異なりますので、安定して収益を上げるためには慎重にジャンルを選定することが大切です。

効率よく稼げるジャンルを押さえることでアフィリエイトで大成功を収めることもできます。

この記事では高い利益を上げることが期待できるジャンルや選び方を解説します。

稼げるアフィリエイトジャンル

収益性の高いアフィリエイトのジャンルをご紹介します。市場の成長性が高く、事業者のアフィリエイト参入が増えているジャンルです。ちなみにこれらのジャンルは収益性が高いと同時に難易度も高い傾向にあります。

  • 投資などの金融系
  • プログラミングスクール
  • サブスクリプションサービス
  • 結婚・恋愛
  • メンズコスメ
  • 転職

それぞれのジャンルについて具体的に見ていきましょう。

投資などの金融系

金融系とは株式投資や保険、クレジットカード、FX関連の記事です。それぞれの記事のゴールは以下のとおりです。

  • 株式投資、投資信託、ETF、FX→口座の開設
  • 生命保険、損害保険→保険の加入
  • クレジットカード→カードの作成

金融系は単価が高く、高い収益を得ることができます。最近では「貯蓄から投資へ」の流れの中で投資に興味のある人が増えている中でアフィリエイト案件も増えています。

仮想通貨やFXは定期的にブームがありますので、上手く需要をつかめば短期間で高収入を獲得できます。

一方で人気の案件ですので、競争率も高いです。

例えば、クレジットカードであれば誰でも1枚は持ちますので、激戦となります。

したがって、記事の信用性を高めるために執筆者に金融系のバックグラウンドがあり、専門的な内容の記事が書けることが必要です。記事数が多いため、上位表示を獲得したいキーワードをずらしたり、別のジャンルの記事として紹介するなど激戦をかいくぐる工夫も求められます。

 プログラミングスクール

社会人向けのプログラミングスクールやオンライン学習教材の案件です。

近年、IT市場は拡大しており、企業のIT人材の需要も増加しています。特にエンジニア不足が続いており、エンジニアになることで高収入の職を得るチャンスが拡大しています。

高収入や自由な職場環境を求めて、エンジニア志望の人も増えており、「未経験からエンジニアへ」という謳い文句でYouTubeなどの動画配信サービスやSNSで多くの宣伝広告が打たれています。

それと同時にアフィリエイト案件も増加中です。最近ではプログラミング教育が小学校で必修化されたことで子供向けのプログラミングスクールの案件も増えています。

ただし、現在のところ子供向けよりも大人向けのプログラミングスクールの案件が多いです。

プログラミングスクールの商標名やスクール名、またはスクールの比較記事での上位表示の獲得が考えられます。記事の最後でスクールへの入会、無料体験や説明会への参加を勧誘することになります。

多くのアフィリエイト案件はブームが過ぎると単価が下がりますが、プログラミング需要の堅調な推移を背景として、安定した単価と案件数を誇ります。

サブスクリプションサービス

月額料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができるサブスクリプションサービスもアフィリエイトで高単価のジャンルです。

これまでは動画配信サービスや音楽配信サービスが中心でしたら、シェアリングエコノミーの拡大によって様々なサブスクリプションサービスが誕生しています。

サブスクリプションサービスの種類や案件のゴールには以下のようなものがあります。

  • 動画配信サービス→入会やトライアル体験
  • 音楽配信サービス→入会やトライアル体験
  • ファッションレンタル→入会
  • 食品宅配→入会
  • 自動車レンタル→入会
  • おもちゃ等玩具レンタル→入会

アフィリエイト案件の単価は2,000円以上と高収益です。

記事のキーワードとして、例えば動画配信サービスであればサービス・商品名や配信されているテレビ番組名などがあります。

そのため、キーワードを無数に広げることができ、「鬼滅の刃」や「君の名は」のようにヒット作が誕生すると、その度に高い収益を狙うことができます。

結婚・恋愛

女性の社会進出及びそれに伴う晩婚化・未婚率の上昇によって結婚や恋愛系のサービスの需要が伸びています。

結婚・恋愛系のサービスの種類や記事のゴールには以下のようなものがあります。

  • 婚活パーティー→会員登録
  • 結婚相談所→会員登録
  • 結婚式場予約→式場の予約
  • マッチングアプリ→会員登録

特に結婚式場は1つの成約でかなりの収益を獲得できます。

また、未婚率の上昇や晩婚化の進行だけではなく、離婚に対する社会的風当たりが弱くなったことで、「バツイチ」や「再婚」といったキーワードでも案件を獲得できます。

上記のジャンルの中でも特に市場が拡大しているのがマッチングアプリです。

市場規模は2020年には600億円を突破し、2023年には1000億円、2026年には1600億を超えるという予測がありますので、今後も安定して高単価が期待できます。

多くの案件は有料会員登録がゴールですが、中には無料会員登録でも報酬を獲得できる案件があるので、誘導のハードルが低くなっています。

メンズコスメ

男性の美容意識の高まりを背景として男性向けの洗顔や保湿などのスキンケア商品が人気を集めています。

富士経済によれば、メンズコスメ市場は2019年に前年比1.6%増の1199億円に達し、2022年には1237億円まで拡大する見込みです。

このようにメンズコスメ市場の拡大を受けて、アフィリエイトの案件数及び単価も上昇中です。

おすすめのキーワードとしては案件数の多いスキンケア商品や高単価の脱毛サロン、メンズエステなどです。

スキンケアならば、「ニキビ」の検索数が多いため、ニキビの解決法やおすすめのスキンケア商品などを紹介する記事を書くことになります。

高単価狙いであれば、高単価の案件は商品の金額が100万円に達するものもあり、1つの成約で大きな収益を獲得できます。

ただし、脱毛やエステは競争も激しいため、キーワードをずらすなど工夫を凝らして上位表示を狙う必要があります。市場としては女性向けと比べると規模は劣りますが、今後も安定して拡大が見込めます。

転職

若い世代を中心として転職に対する心理的ハードルが低くなっていること、転職サービスの普及によって転職市場が拡大傾向にあります。

記事のゴールとしては転職サイトに会員登録をしてもらうことになります。

収益性が高く、職場で悩みを抱えている人や年収をあげたい人などがターゲットとなり、様々なキーワードが狙えるので、おすすめのジャンルです。

一方で大手転職サービスの記事が上位表示を独占していることや転職に特化したブログが有利になりますので、激戦となります。

雑記ブログだとこれらのサイトに太刀打ちできないかもしれません。

高単価案件を狙って効率よく稼ごう

今回は稼げるアフィリエイトのジャンルについて解説しました。

アフィリエイトサイトを運営する上でジャンル選びは多くの人が悩むポイントです。一度ジャンルを決めると途中で変更することが難しいため、始める前に稼げるジャンルを選定することが大切です。

今回ご紹介したジャンルは2021年11月現在でも高単価案件の獲得が狙えますので、アフィリエイト初心者の方やすでに経験のある方も参考にしてください。

稼げるジャンルの中から自分の経歴や知識を活かして、書けるジャンルに特化したり、複数のジャンルを雑記ブログとして始めるのもおすすめです。

-アフィリエイト