SEO対策 ライティング

SEOで順位!大幅アップを目指すリライトの攻略方

SEOで順位のアップを目指しリライトしてみましょう

2020年代に突入し、ブログやサイトで収益を上げることは年々難しくなってきました。

特に、新規でドメインを取得して安定的な収入を上げるためには、最低でも1年の期間が必要とも言われているのです。

しかし、きちんと分析をしてPDCAを回せば、サラリーマンの収入の2倍・3倍、そして数年後には10倍ものお金を稼ぎ出すことも夢ではありません。

今回は、ブログやサイトで大きなお金を稼ぎ出すために絶対に必要な、リライトの重要性について書いていきます。

リライトのステップと今後の取り組み方!

リライトについては、やり方がわからないと思っている方も多いです。

リライトはそれぞれのサイト運営者で考え方が違う場合が多いですが、基本的にはサーチコンソールを活用して分析している方が多い傾向にあります。

具体的な手順については以下です。

①サーチコンソールを確認

②平均掲載順位高いor表示回数多いのにCTRが低い記事を確認

③サーチコンソールのクエリ見る・Twitterで検索・上位サイトを確認 

⇒みんなが知りたい情報とタイトルがずれていることがあるので、記事内容の修正

④みんなの一番知りたい情報にH1を寄せる(クエリをいれる)。H2も整合性合わせる(クエリを微調整) 

⑤ディスクリプションも微調整

⑥日付日時更新し再インデックス

もちろんこのほかに不要な記事の削除などの作業も大切です。

SEOで順位を上げるためには、最新の情報を発信するのが1つ大切なキーワードになります。

例えば、「最新の情報入り次第追記します!」と記事に記載をしているのに、それから一切記事が更新されないのであればGoogleはマイナスの評価をします。

こうした記事に関してはきちんと更新を行うか、記事が不要であれば削除することが本当に大切です。

記事の日々のメンテナンスにおいて、更新頻度並びに読者が本当に必要としている情報を発信するというのはリライトする上で本当に大切です。

リライトを攻略することで圧倒的なアクセスアップを実現!

リライトを攻略することで得られることは、自分自身が狙ったキーワードで上位表示できる点にあります。

例えば、今まで30位だった記事が1ページ目の6位まで上げることができれば、アクセスは鰻登りに上がっていくこと間違いなしです。

しかし、SEOでランキングを上げることは、自分が狙ったキーワードで上げる以外に大きな効果をもたらします。

それが、複合キーワードでのさらなるアクセスアップです。

サーチコンソールを見ていただくと、検索クエリを確認することができます。

狙ったキーワード以外で複合的にもキーワードが上位に表示しますので、アクセスのアップの伸び率はものすごいことになります。

例えば、「かき氷」というキーワードで1位をとっていたとしても、「かき氷 新宿」というキーワードでSEOで1位を取れるかと言われればそうではありません。

しかし、リライトをきちんと行い、圧倒的に価値のあるコンテンツを作ることができれば、「かき氷 新宿」「かき氷 渋谷」などのキーワードでも1位を取ることができるようになります。

自分が狙ったキーワードと付属して、どのような複合キーワードが上がっているのかもチェックはとても重要です。

ものすごく分析をすることが必須ですが、複合的に色々な影響力のあるキーワードでも上位に表示されるようになれば、アクセスの爆発は間違い無いです。

狙ったキーワードで1位を取ったからそれがゴールではなく、複合キーワードを横展開してさらなるアクセスアップも視野に入れると、圧倒的に集客できるサイトになります。

ドメイン力が強すぎてSEOで勝てない場合は!複合キーワードを横展開!

最近ではドメインの力が圧倒的に重要です。

大企業のドメインをレンタルしてサイトを運営し、強いドメインパワーをもとにサイトを運営するという事例が目立ち始めました。

株式会社キュービックは、朝日新聞社のドメインを借りて、ウォーターサーバーに関するサイト「ミズノート」というサイトの運営を行っています。

このようにして大企業のドメインを利用することで、短期間で圧倒的な成果を出す事例も目立っています。

そもそも、こうしたドメイン力が強いサイトがライバルにいたりした場合は、ライバルに勝つことはかなり難しいです。

例えば、スイーツ関連のサイトを運営していたとして、上位に表示されるサイトが「食べログ」や「ぐるなび」などの、大手グルメレビューサイトがある場合も勝てません。

こうした場合の対応策としては、SEOで上げることができる可能性がある複合キーワードで横展開することが大切です。

サーチコンソールで分析をして、複合キーワードで検索されているキーワードを探します。

一旦、記事を複合キーワードの内容に寄せて、クリック率などを上げることで結果的に自分自身が狙ったキーワードでも上位に表示します。

どんなに頑張ってもライバルが強すぎてSEOで勝てないと思った場合は、一旦はそのキーワードで戦うことを諦めて、複合キーワードにシフトすることが大切です。

どんなキーワードを優先するなども、リライトを対応する時の大切な要素となります。

リライトを続けて1ページ目に表示されている記事の共通点を見つける!

基本的にSEOはすでに答えが出ている場合が多いです。

1ページ目に表示されている記事が基本的にはGoogleが求めている記事になります。

関連キーワードが盛り込まれていたり、Twitterで検索をして読者が必要な情報などを的確にまとめられています。

読者の満足度の高い記事は、それだけ読者に読まれるので滞在時間も長くなり、SEOで評価されます。

GoogleはコピーコンテンツをNGとしていますが、どのような構成で作っているのかについては上位サイトから共通点を見つけることができるのです。

この共通点となる部分を把握し、記事の見出し、構成などに生かすことができれば、自ずと上位表示することも難しくはありません。

リライトしていてもどうしても勝てない場合は中古ドメインの利用も!

どんなにリライトを頑張ってもライバルサイトに勝てないケースも存在します。

こうした場合は、お金をかけて中古ドメインを購入したりと投資をすることも重要になって来ています。

最初に述べましたが、新規ドメインを育てるのはものすごく時間がかかるようになりました。

5000円以下の中古ドメインでも、中にはものすごく強いドメインなどもたくさんあるので、少額でいいので先行投資することは大切です。

ブログはサーバー代とドメイン代だけで始めることが出来るので参入障壁が低いとよく言われます。

数多くの方が大きなお金を稼ぐことを夢見てブログに取り組みますが、多くの人が夢半ばで挫折します。

目的達成するためにも、お金をかける分野できちんとかけることは重要です。

もちろん、中古ドメインだけではなく、リライトし続けることも重要ですので、外注ライターを雇ってリライト出来る体制を作ることも1つ手段かもしれません。

まとめ

サイト運営者でリライトをきちんと攻略できている運営者はそれほど多くありません。

記事を書けば書くほど良いと言われていた時代から、明らかに質を求められる時代になったのです。

記事を放置して古い情報のまま放置していれば、Googleからマイナス評価を受けますし、ペナルティーを受ける原因にもなります。

リライトをし続けることは今後本当に大切です。

リライトを攻略できれば、サイトで圧倒的な結果を出す近道になります。

まだリライトの方針を決めることができていない方は、この機会にリライトに注力してみてはいかがでしょうか。

-SEO対策, ライティング