SEO対策

ずばり、上位表示には必須のSEO対策

上位表示には必須のSEO対策とは?メリットとデメリットを解説!

「検索エンジン最適化」を意味するSEO(Search Engine Optimization)。
SEO対策とは、記事の内容を検索エンジンが理解しやすいように配慮することです。

効果的な集客を狙うマーケティング対策として、多くの企業が自社の記事の上位表示を狙っています。
よってGoogleを始めとした検索エンジンでの上位表示には、SEO対策が欠かせません。

そこで、本記事ではSEO対策を行う5つのメリットと3つのデメリットを紹介します。
本記事を読むと、「SEO対策とは」をしっかりと理解できるでしょう。

SEO対策とは:5つのメリット

まずは、SEO対策を行うメリットについて説明します。
ここでは、以下の5つのメリットを具体的に見ていきましょう。

5つのメリット

・購買意欲が高い顧客の集客ができる
・検索からのアクセスを見込める
・費用対効果が高い
・ブランディングができる
・ウェブサイトが資産になる

①高い購買意欲がある人を集客できる

インターネットで検索するときには、多くの人が明確な目的を持っています。
特定の商品やサービスに関する情報収集や自分が抱く疑問に対する答えを知りたいから、インターネットで検索するためです。

人々の購買行動について、マーケティング業界では「AISAS(アイサス)」と定義しています。
AISASとは、つまり以下のような購入に至る5つのプロセスです。

5つのプロセス

  1. Attention:注意 まず始めに、商品について注意をはらう行動があります
  2. Interest:関心 その商品に関心を抱き、興味、関心を示すようになります
  3. Search:検索 商品が気になり出すと、どのような機能などあるか検索行動をとります【重要】
  4. Action:購買 実際に商品を買ってみます
  5. Share:情報共有 その商品に満足できると、他の人にもシェアしたくなります

AISASからも、検索する行為が購買につながりやすいことは確かでしょう。
よってインターネット検索から、自社の記事にアクセスしてくれた読者は、購買する可能性が高い見込み客として期待できます。

②検索からのアクセスを見込める

SEO対策とは、検索からのアクセスを狙う施策とも言えるでしょう。

2020年には、個人のインターネット利用率は83.4%に達しました。
そして調査会社ニールセン株式会社による2020年の調査では、63%がYahoo!、60%がGoogleの検索エンジンを利用しています。

インターネット利用者数の多さと検索エンジンの利用率の高さから、検索からのアクセスは高い集客力を期待できるでしょう。

広告よりも見てもらえる確率が高い

またSEO対策済みの記事は、広告よりも見てもらえる確率が高いです。

検索エンジンの検索結果に表示される点については、SEO対策を行った記事だけでなく。リスティング広告もあるでしょう。
しかし効果的なSEO対策を施した記事は、広告よりも見てもらえる確率が高いと言われています。

広告エリアよりも、SEOエリアの方が検索結果に対するクリック率が高いことは、実際に調査でも結果として判明済みです。

下記のように、リスティング広告のエリアよりも、SEOエリアのクリック率は実に4倍にもなります。
そのため、SEO対策とは顧客にリーチするために有効な施策です。

・リスティングの広告エリア(キーワード広告):20%
・SEOエリア:80%

中長期的に効果がある

しかもSEO対策の効果は、中長期間に及びます。

SEO対策に取り組んでから、検索上位表示されるまでには時間がかかるケースが一般的でしょう。

しかし検索結果で一度上位表示されると、突然極端に検索順位が下がることは滅多にありません。

そのため成果が出たSEO対策とは、中長期的に効果がある施策です。

とはいえ、Googleの評価基準が変更されたり、競合相手がより良質なコンテンツを作る可能性は存在します。
したがって、定期的に自社の現状把握をして、SEO対策を継続する努力は欠かせません。

③費用対効果が高い

現代のWebマーケティングで欠かせないSEO対策は、費用対効果の高さも魅力でしょう。
作成した記事が一度検索結果に上位表示されると、購入につながる顧客を確保しやすいためです。

たとえばSEO対策の費用対効果について、GoogleやYahoo!の1ページ目上部に表示される広告と比較してみましょう。

リスティング広告の場合は、ユーザーがクリックをする度、広告料が発生します。
そのため、より多くのユーザーが広告を見てくれるほど、クリック数がかさみ、広告料が高くなってしまいます。

一方、クリック数がどれほど多くても、SEOでは支払うべき料金が発生しません。

SEO対策にも費用はかかる

ただし現実的には、有益なSEO対策には費用がかかる場合が多いでしょう。
SEO対策とは、一定の知識と読者が求めるコンテンツの作成が不可欠であるためです。

もちろん、自社でSEO対策をできる人材の育成は可能です。
しかし実際には、多くの企業はSEO対策を外部に依頼しているため、外注費が発生しています。

そのため、オリジナリティがあり、かつ良質なコンテンツを作るためには一定の初期投資が必要と言えるでしょう。

つまりプロのメディア運営者を雇ったり、外部のライターへの発注やカメラマンに画像の撮影を依頼するためなどの費用です。

④ブランディングできる

SEO対策はブランディングにも高い効果があるでしょう。

ブランディングとは、自社の商品やサービス、ならびに自社が顧客にとって価値があると認識されることを意味します。
つまりブランディングできると、顧客から信頼や共感が得られるでしょう。

そしてSEO対策で成果が出ると、インターネット市場で「〇〇なら、A社!」と認識されるようになります。

つまりSEO対策によって、存在を認知されていなかった商品やサービスのブランディングが可能です。
そして世間で広く商品の価値を認識され、顧客からの信頼を得ることができます。

また市場における確固たる立場を得た商品やサービスは、さらにブランド力が成長する可能性が高いでしょう。

自社での成約率の向上に伴い、自社ブランドに関するクチコミや評判を残すユーザー数が増加するためです。

⑤ウェブサイトが資産になる

SEO対策しているウェブサイトには、読者を満足させるコンテンツと検索エンジンが内容を理解しやすいSEOの実装が施されています。

そして、仮にSEO対策の外注後に契約解除しても、良質なコンテンツやSEO対策で受けたアドバイスは失いません。

一方、広告は出稿を停止すると、今までのアクセスをすべて失います。

よって読者・顧客から信頼を得ている上質なコンテンツを提供するウェブサイトは、資産となる点が強みでしょう。

SEO対策とは:3つのデメリット

非常に魅力的なメリットがあるSEO対策ですが、残念ながらデメリットもあります。
そこで続いては、SEO対策における3つのデメリットを把握しましょう。
ここでは、それぞれのデメリットについて具体的に解説します。

・成果が出るまでには時間がかかる
・Googleの変更に影響を受けやすい
・SEO対策の成果が出ない可能性がある

①成果が上がるまでに時間を要する

上位表示させたいキーワードやジャンルなどにもよりますが、基本的にはSEO対策の成果が表れるまでには時間がかかるでしょう。

ライバルが少ない場合など、公開してすぐに上位表示され、SEO対策の成果を実感できるケースもあります。
一方で、半年から数年ほど時間を要するケースも多いです。

したがってSEO対策は、キャンペーンのように一過性の有効性が必要なマーケティング施策には向きません。

②Googleの変更に影響を受けやすい

Googleの変更に影響を受けやすい点も、SEO対策のデメリットです。

Googleは不定期に検索エンジンをアップデートして、検索エンジンの評価基準を変更します。

そしてGoogleの変更によって、検索上位に表示されていた記事が突然表示されなくなる可能性は否めません。

しかしSEO対策のコアである「読者の知りたい情報を提示する良質なコンテンツ」は、実際にはあまり影響を受けないでしょう。

Google社が検索エンジンの変更を行う理由は、Googleで検索するユーザーの満足度を向上させるためだからです。

したがって、読者目線で上質なコンテンツを作成することを心がけているウェブサイトは、常に評価される傾向にあります。

過去のGoogleアップデート例

ここでは、過去にGoogleが行ったアップデートの例を見てみましょう。
毎年、Googleではアップデートしていることが分かりますね。

・ベニスアップデート(2014年)
・パンダアップデート4.2(2015年)
・Rank Brain(2015年)
・クオリティアップデート(2015年)
・モバイルフレンドリーアップデート(2015年)
・インタースティシャルアップデート(2015年)
・ペンギンアップデート4.0(2016年)
・日本語検索アップデート(2017年)
・健康アップデート(2017年)
・コアアルゴリズムアップデート(2018年)
・スピードアップデート(2018年)
・BERTアップデート(2019年)
・Nov.2019 Local Search Update(2019年)
・Core Web Vitals(2020年)

③上位表示されない可能性がある

残念ながら、SEO対策には常に失敗する確率があります。
つまり一生懸命にSEO対策を施しても、制作した記事が上位表示されない可能性が否めません。

実際にSEO対策を行う際には、ライバルを知っておく必要があります。
具体的には、上位表示を狙うキーワードで検索したときに、1ページ目に表示されるサイトやコンテンツの把握をしておきましょう。

まとめ

本記事では、SEO対策における5つのメリットと3つのデメリットを紹介しました。
SEO対策とは、どのようなマーケティング施策が理解できたでしょうか?

SEO対策には、デメリットを補うほど魅力的なメリットがあります。
他のマーケティング施策と比較すると、費用も抑えられる上、中長期的な効果を期待できます。
そのためSEO対策に尽力することが、現代のマーケティング対策としておすすめです。

-SEO対策