SEO対策 ライティング

【文賢の活用】「読まれる記事」と「ためになる記事」どっちがいい?アドバイスツールを活用すればライティング力は上がるのか?

【文賢の活用】「読まれる記事」と「ためになる記事」どっちがいい?アドバイスツールを活用すればライティング力は上がるのか?

インターネットが急速に発達して、「サイトやブログ、SNSでのPR」と文章を作成する機会が増えてきました。

そこで、にわかに着目されだしたのが「読まれる記事」です。

今回は、この「読まれる記事」を中心に

ポイント

  • 「ためになる記事」と「読まれる記事」の違い
  • 外注化すると記事は読まれにくくなる?
  • 文章作成アドバイスツール「文賢」の活用

などについて、お伝えしていきたいと思います。

「ためになる記事」vs「読まれる記事」

まず、「読まれる記事」について考える時に、ぜひ合わせて考えて頂きたい視点が「ためになる記事」です。

筆者的には、「物理的に読まれる」ことと、「読まれたことで役に立つ」ことは必ずしも一致しないと考えています。

この点について解説していきます。

ためになる記事が「読まれる」とは限らない

結論から言うと、私は「ためになる記事」と「読まれる記事」は別々に考える必要があると思っています。

というのも、必ずしも「ためになる記事」が「読まれやすい」とは限らないからです。

たとえば、ノーベル賞も狙えるほどの「ためになる記事」があったとします。でも、その記事はまったく読まれていませんでした。なぜなら「一般人がとうてい理解できない難解な文章だったから」です。

こういったことは十分に起こりえます。

したがって、「ためになる」と「読まれる」は別々の要素として捉える必要があります。

読まれる記事が「ためになる」とは限らない

これは、逆の状態も考えられますね。

「惹き込まれる内容に思えたので、思わず夢中になって読み進めてみたが、蓋を開けてみるとくだらない内容だった。」などが、その例に当たると思います。

このような例はYoutubeなどで見かけられる「タイトル詐欺」「釣りタイトル」などで体験された方も多いでしょうか。

読んでみたけど、あまりいい記事ではなかったというのは、評判も下げることになりますし、やっぱりいいことはありません。

両軸のように回していくことが大事

このように、どちらか一方では相手に満足を与えることができないので、目指すべきは「読まれる記事」と「ためになる記事」の両立ということになります。

考えてみれば簡単なことのように思えますが、Web上を見回してみると、一方しか追いかけていない記事に出会うことも少なくはありません。

そのため、「ためになる」要素と「読まれる」要素のどちらも考慮して記事を書くことは重要だと筆者的には考えています。

【外注化の落とし穴】文章ルールの統一化の問題

もう1つの問題としては、最近のサイトやブログに見られる「外注化」の問題です。

実際の記事更新は、ライターを雇う形で行っているサイト運営者の方はたくさんいらっしゃると思います。

今までの内容の「ためになる」の部分は、「全体の構成」「的確な指示出し」によって担保されてると考えて、問題になってくるのは「読みやすさ」の部分です。

このことについて、深堀りしていきます。

「読みにくい記事」はサイト全体の足を引っ張る

まず、あなたのサイトを訪れた人が最初に目にした記事が「読みにくかった」場合、素直に考えるとその訪問者の方は、「そのサイトの記事は全部読みにくい」と感じるはずです。

「たまたま読みにくい記事に当たっただけで、他の記事は読みやすいに違いない」なんて考えてくれることは、あり得ませんよね。

このように記事の「読みやすさ・読みにくさ」にバラつきが生じている場合、あなたのサイトの「読みやすさ」は一番読みにくい記事が基準になる可能性があります。

そのため、読みやすさのメンテナンスは必要になります。

統一感のない文章は読みにくい

また、各記事ごとの文章に「統一感」がないと文章は読みにくいものとなります。

読む記事は違っていても、一定の「型」にはまっている文章は流れも理解しやすく読みやすいからです。

当然ですが、複数のライターを雇って外注化している場合、この問題は非常に厄介になります。

したがって、この「統一感」は、外注化の際の重要課題として覚えておいた方がいいでしょう。

フィードバックや修正はお互いの手間が膨大に…

上に挙げた2点の「読みにくさ」について、ライターの方を教育して解決しようとする方もいると思います。

有効な施策

  • 詳細な文章作成の基準を作り、マニュアル化する
  • 基準通りの文章ができているか添削する
  • 修正が必要であれば、修正依頼をかけ、具体的な指示出しをする

などの施策を実行する形です。

しかし、やってみると分かりますが、この方法は、「チェックする人」「ライター」の両方に膨大な時間を割かせることになります。

ライターの方もどちらかというと、活き活きと文章を書くことができなくなり、お互いの関係も悪くなる可能性もあります。

システムによる管理が便利

この点は、決められたルール通りの文章作成ができているか、自動でチェックしてくれるアドバイスツールがあれば便利です。

システムが自動でチェックしてくれるので、「チェックする人」の存在がなくなり、また、文章を送ったり、差し戻したりというやり取りの必要もなくなります。

この手のアドバイツールでは、「文賢」がおすすめです。

以後、文賢の活用についてお伝えしていきますので、どのようなことが可能になるか、ぜひチェックしてみてください。

文章作成アドバイスツール「文賢」の機能 ⇒ 外注化の強い味方

「文賢」は、「読みやすさの改善」「文章表現のアドバイス」「独自ルールのチェック」「誤字脱字のチェック」など多方面から文章のブラッシュアップをサポートしてくれるアドバイスツールです。

どのような機能が含まれているのか、みていきましょう。

独自ルールなどのカスタマイズが秀逸

まずは、今までの話の流れに沿った機能からお伝えしていきます。

この独自に決められた文章のルールなどをチェックする機能が、外注化に対して秀逸となります。

自分の好みや想定する読者層に合わせて細かくカスタマイズができますし、一度設定すれば、各ライターの文章をずっとチェックし続けてくれます。

そのため、ほぼ追加の労力なしであなたのサイトに統一感を出せます。

ライティングの質が磨かれる表現・改善のサジェスト

さらに、様々な視点からライターの文章をチェックし、他の表現などをサジェストしてくれる「文章表現」の機能があります。

これにより、雇っているライターの方々のスキルアップが見込めます。

というのも、ライターとして働いていても、よほどの勉強をしない限りどうしても使う言葉には「癖」ができてしまい、ある種パターン化した表現をしてしまいます。

文賢の文章表現機能により、それまで自分が使っていなかった新しい表現に触れることで、自然に今までの「癖」を回避し、より表現の幅を広げることが期待できるからです。

こちらは、実際に口コミなどでもコメントしている人が多かった点になります。

そのため、文賢の機能の中でも大きなメリットを持つものと言えると思います。

100を超える視点で「読みやすさ」をチェック

さらに、文章表現の幅だけではなく、「読みやすさ」もきっちりチェックしてくれる機能も付いています。

100を超える視点から「読みやすさ」をチェックし、アドバイスをしてくれますので、こちらもライターの方の「読みやすさのために心がけること」の視点を広げる効果は十分に期待できるでしょう。

「一番読みにくい記事がそのサイト全体の評判を下げる」という話を先にしましたが、そこも抑えられるのは、うれしいメリットだと思います。

以上のように、文賢には「複数のライターに外注してサイトを運営している」方にとって、メリットの多い機能が多数搭載されてる印象です。

文賢の評判

では、次に、そんなアドバイスツール「文賢」を実際に利用している人はどんな感想を持っているのか…その評判について、調べていきます。

販売会社ウェブライダーの正体はSEOの重鎮?

評判の前に、この文賢の販売会社である「株式会社ウェブライダー」について、触れておきます。

このウェブライダーは、京都に本社を構えるWebマーケティング・Web制作の会社になるのですが、社長の松尾茂起氏は、個人的には「現代のSEOの重鎮」と言える存在なのでは?と考えるほどの人物です。(2022年1月7日現在)

ロングセラーとなった著書「沈黙のWebライティング」、SEOテーマの「賢威」など、読者やユーザーなどのファン層も厚いことから「松尾先生の出したサービスなら間違いないでしょ」と考える人も一定数いらっしゃるかと思います。

良い評判って?⇒ 文賢に通すのがデフォルトに…

どんな文章を書くときも、必ず文賢を通すようになりました。 今、20アカウント契約させていただいており、文章を書く機会の多いチームはみんな文賢を使っています。(メディア編集者)

文章表現機能のおかげで、自分が今まで使ったことがない言い回しに出会えるのが楽しい。 以前より、表現豊かな記事が書けるようになりました。(ライター)

文賢は、ただ指摘するだけでなく、きちんと改善点を教えてくれる。 校閲や推敲機能で指摘されたとき、コメントに例文が表示されるところがいいですね。 (カスタマーサポート)

このような形で、実際の評判に関してもかなり良いコメントが多い印象です。

「管理者」にとっても「ライター」にとっても、文賢を通すことで一定の基準をパスできることから、重宝されているというイメージです。

あと、

たとえば、『文賢』のハイライトで出てきた指摘は、すべて「~ かもしれません」というような優しい言い方なんですよね。 『文賢』は「こう書いた方がいいかもしれないよ」と寄り添って 一緒に考えてくれる存在。 一緒にいて気持ちがいいツールです。

というように、押し付けがましくなく、柔らかく問いかけてくれるような物腰(?)も人気のようです。

※あくまで個人の感想ですので、成果などを保証するものでないのでご注意ください。

【誤字脱字チェックが使えない?】悪い評判は…

逆にあえて、悪い評判はないかと探してみたところ、「誤字脱字の精度が悪い・使えない」という意見がちらほらありました。

こちらについては、公式でも

文賢はあくまでも文章作成をアシスト(支援)するものです。 文章中の言葉のすべての間違いを正確にもれなく指摘するというものではありませんので、その点をご理解いただけると幸いです。

としています。

もちろん、文賢も時代とともにバージョンアップしていますので、そのコメントがいつのタイミングのものであったかにもよりますが、「徹底して誤字・脱字を排除してくれる」ツールとは、少し趣が違うことは理解しておいた方が良いと思います。

文賢の申し込み・登録方法

ここまでご覧になられた方なら文賢について申し込みを検討されてる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、文賢の価格や申込み方法などをお伝えしていきます。

文賢の料金・価格は?

まず、文賢の価格ですが、こちらは「初期費用」と「月額料金」がかかる仕組みになっております。

初期費用は「11,880円(税込み)」、月額料金は、1ライセンスあたり

月々の費用

  • 通常:2,178円(税込み)
  • 5ライセンス以上:2,069円(税込み)
  • 15ライセンス以上:1,960円(税込み)
  • 30ライセンス以上:1,851円(税込み)

となっています。

解約についての制約はなく、いつでも解約が可能です。

ライダーストアへの登録が必要

文賢の購入には、株式会社ウェブライダーのショップである「ライダーストア」への登録が必須になり、ここ以外の場所からは購入することができません。

すでに「ライダーストア」のアカウントをお持ちの方は問題ありませんが、まだの方は案内にしたがってライダーストアへの登録をお済ませください。

ライダーストアに登録できれば文賢はすぐに購入できます。

読まれる記事 vs 文賢 まとめ

今回は、「読まれる記事」「ためになる記事」や文章作成アドバイスツール文賢の活用について、お伝えしてきました。

まとめ

  • 「ためになる記事」と「読みやすい記事」は別もの。両方を同時に叶えなくてはいけない
  • 外注化すると「読みにくい記事で評価を下げる」「文章のルールにバラつきがでて読みにくくなる」
  • 文賢は、外注化時の文章のルール統一に非常に便利
  • アドバイス機能で個々のライティング力のアップも見込める
  • 初期費用は11880円、月額は2178円~

少しでもお役に立てたなら幸いです。

-SEO対策, ライティング