セキュリティ

NordVPNを軽く理解して活用する為に

~VPNとは?NordVPNとは?

VPNは難しくない。

NordVPN?難しそうだが最新情報として勉強しておかなければ、と思っていませんか。

まずNordとは?NordVPN?

NordVPNとはVPNを使うプロバイダー名です。

インターネットではなくVPN

インターネットサービスプロバイダー(ISP)はインターネットを使うプロバイダーなのです。

仮想プライベートネットワークサービスプロバイダー(VPN)は仮想プライベートネットワークを使うプロバイダなのです。略してVPN。

VPNサービスプロバイダーを使うならNordVPNがお薦めです。

VPNのVは今流行のバーチャルのVです。インターネットからバーチャルネットに移行するかしないか、の分かれ道に入ったのかも知れません。

2021年夏にADSLサービスが終了しました。引き継ぐのは光回線でしょうか。4Gから5GへのWi-Fiなどの無線も残っていますが、もしかするとVPNが主流となる為に5Gが必要だったのかも知れませんね。

何故、仮想と呼ぶのでしょうか。ISPに対して仮想プライベートネットワーク(VPN)という事です。インターネットの中に仮想空間を作り、様々な監視や漏洩から身を守りながら通信するという意味です。

NordVPNはその仮想空間を提供するプロバイダという事になります。仮想ネットワークなのでログも残りません。仮想だからです。使い終わった後には形跡が残らない、故に仮想ネットワークという事ですね。

仮想ネットワークをどの様に構築するのでしょうか。暗号化するのです。仮想空間を通るとは暗号化したデータでインターネット上をくぐり抜けるという事です。IPアドレスはインターネット上の住所と言われていますが、そのIPアドレスを辿ると、誰がどこで発信しているのか突き止める事が出来ました。

その為海外のサーバを経由したり、法律的に合法な国を通りながら安全性を構築してきましたが、仮想ネットワークを通るだけで追跡不可能となるのです。

なりすましと言われる第三者になり発信する事が可能となります。これは利点なのでしょうか。欠点なのでしょうか。

それほどプライバシーを保つ事が出来るという点では画期的なプロトコルと言えそうです。

そのトッププロバイダがNordVPN

VPNのプロバイダーがNordVPNです。個人向けの

NordVPNは、個人向けの【仮想プライベートネットワーク=VPN】サービスプロバイダ。

データ保持法のないパナマに拠点がある。

リモートワークなどで社員の自宅が営業所や支社の様に企業の拠点になっている現状、社員数に応じてLANを構築する必要性があります。専用ツールを使ったとしても安全性や気密性を保つ事は難しいでしょう。そういう時に仮想プライベートネットワーク(VPN)を使います。

ビジネスの為のネットワーク、それがVPNなのです。NordVPNがVPN接続のトップランナーとして今最も注目されているVPNプロバイダーとなります。

リモートワークや在宅ワークで社内が分散している現状、企業の機密情報や取引内容を漏洩する事なくオンラインを行き来する事など可能でしょうか。

今までのインターネットでは不可能であると考えても過言ではないでしょう。安全性と気密性、そしてスループットが社員の自宅IT環境の前に、社内インフラと同等を構築する事など本当に可能かどうか?に悩むシステム情報部にはVPNサービスが準備されています。

もうインターネットとは呼べない。VPNと呼んで下さい。

ノマド空間、出張先、街中でのオンライン利用時に、安心してPCを開く事が出来ます。とは言え、まだ試験的段階を脱したとは言えない次世代向けのサービスです。テスト期間とも言えます。しかしながらVPNはインターネットサービスプロバイダーとは異なるサービスを提供します。

まずユーザーの個人情報を盗み見て、その個人情報に適した商品をユーザーのブラウザに表示する事がなくなるでしょう。

プロバイダーはユーザーのオンライン上での行動を追跡します。ユーザーの個人情報を売買する事まで可能です。これを回避する事が出来るのがVPN技術です。

これからはインターネットとは呼ばずにVPNと表現する様な未来がやってくるでしょう。

利用中のデバイス達を安心してプライベートに使用する事は勿論、職場にいる時と同様にLAN内でデータや業務のやり取りが可能となるのです。

何とログも残らない為後から調査する事も出来ません。ハッカーが入り込む余地もありません。

何故ならば仮想空間を通る為ハッカーに取ってもつかみ取る事が出来ない仮想の世界というわけです。

自分のプライバシーは自分で守る事が出来る時代の到来です。

強固なセキュリティと暗号化とVPNトンネル

そこで仮想プライベートネットワーク(VPN)の登場となります。仮想空間で行われる事は暗号化です。

VPNの暗号化がAESです。AES(高度暗号化標準)は承認済みの暗号化規格であり、NSA推奨となっています。256ビット暗号化は今の文明では決して解読出来ないそうです。NordVPNが採用しているインターネットプロトコルセキュリティ(IPsec)の最新IKEv2/IPsecです。

決して破る事が出来ない暗号を使い脆弱性がどこにでもあるインターネット上に、仮想空間を創り出す事に成功しています。

どこを通るのか?VPNトンネルを通ります。これが仮想プライベートネットワークの部分です。

まるで専用線を使っているかの様な空間が出来上がっています。

つまり仮想プライベートネットワークが専用線化しているという事です。

この専用線の部分はトンネルと呼ばれています。

このトンネルの中で何が行われてどうなるのでしょうか。

データを暗号化するだけでなくIPアドレスや閲覧履歴を隠します。インターネット上では全てが筒抜けになっています。このトンネルこそが仮想空間と言えるでしょう。

軽く理解出来たでしょうか。

これがVPNですが、VPNにも色々なプロバイダーが存在します。ログの残るプロトコルを使いたいユーザーはNordVPN以外を使った方が良いでしょう。

IPアドレスさえ追跡不可能な匿名性を追及するユーザーはNordVPNを選択するでしょう。もうインターネットと呼ぶ時代は過ぎ去ったのかも知れません。

これが次世代ネットワークVPNです。その中でも強固なセキュリティを実現しているのがNordVPNなのです。

登録方法と使い

VPNを購入し設定する必要があります。

NordVPNのホームページに行き、今までのインターネットサービスプロバイダーに申し込む様に、入力していくだけです。

まずは赤いボタン「NordVPNを購入」を押します。

【プラン】を選択。プラン変更は可能です。

月額395円で2年間利用出来るサービスがお薦めです。

こちらは30日間返金保障付きとなっています。

Linuxを含めて多種OSやブラウザを選ぶ事も可能。

今までのISP同様に設定の指示に従って利用可能となります。

NordVPNアカウント1つで同時に最大6台まで接続可能です。

VPNアプリもホームページからダウンロード可能です。APP/Playストアでダウンロード出来ます。

【登録方法】メールアドレス登録から支払い方法までご確認下さい。

【有料のVPNである理由】ビジネスで使うVPNにはデータ量制限のないNordVPNが推奨されています。

無料のVPNは大容量のファイル送信やストリーミングに制限がある為使い放題とは言えない様です。また無料VPNは広告やマルウェアが入り込んできます。

ウィルス感染も考えられます。有料VPNで安全に快適にオンラインを利用して下さい。

まとめ

リモートワーク、在宅ワーク、カフェでノマド、駅で軽く作業をする時に、月額数百円でVPNを構築しておけば自由に、自分にとって自由に、そして大事なデータは社内イントラネットに潜り込んでアクセス出来ます。これが仮想プライベートインターネットなのです。

機密性や業務取引の安全性などセキュリティを第一に考えるならば今最も安全性を確保出来る事が期待されるIKEv2/IPsec採用のNordVPNで乗り切りましょう。

今までよりも強固にしなければならない現状、求められるのがインターネット上の脆弱性を回避する事です。

スピードやトラフィック回避はインターネット歴史の黎明期を過ぎ去った今、必要ないと考えるユーザーは次世代VPNのNordVPNを試してみませんか。

物理的には個人と企業の境が消えてしまった環境で仕事をしている人も多い2022年。自分の担当する業務の機密性や安全性を確保する事が必要となっています。

なりすましの弊害についてはこれまでのインターネット歴史で経験してきた現代人。

個人ユーザーでもビジネスユーザーでも使っている人は同じ一般社会人です。

個人データや企業の取引情報、機密情報をハッカーや第三者に抜き取られたくありません。その為には専用線を使う以外にはないのです。

勿論VPNはウィルスやスパイウェアを遮断します。インターネットを利用するには最低限の機能です。

インターネットの中に専用線を作る技術がVPNと説明しました。

VPNの中でも最も機密性や匿名性を重視するユーザーに使って貰いたいのがNordVPNなのです。

次世代インターネット、それがVPNです。

今後インターネット全域がVPNとなり、VPNとなった世界がインターネットと呼ばれる様になると言えば軽く理解出来るのではないでしょうか。

次世代インターネットは始まっています。社内が分散化している現状で最も危惧されるのが機密性や安全性です。

インターネット上のトンネルを通る事で確保されます。このトンネルをNordVPNと理解して使う手があります。

-セキュリティ