SEO対策 ライティング

記事執筆時の文章力の必要性。読まれる記事のススメ。文章作成アドバイスツール『文賢』を紹介!

文章作成アドバイスツール「文賢」について紹介します

この記事では、自分が書いた記事や文章を「より分かりやすく、より印象的に、より精錬に」に推敲・校正したいという方に向けてのものです。

そもそも、皆さんはどのして記事や文章を推敲・校正したいのでしょうか。

それはおそらく、「より多くの方に読まれるようにしたい、より多くの方に自分の考えを理解してもらいたい」という気持ちがあるためでしょう。

そうなんです、どんなに内容が素晴らしい記事などであっても、読まれなければ全く意味がありません。

内容が少し脆弱であったっとしてもその記事が読まれるようなことがあれば、それは読まれずに終わったどんなご立派な記事よりも、ずっとずっと価値があるということなのです。

言い換えれば、ブログに投稿する記事においては、その内容の素晴らしさよりも「読んでもらえるかどうか」のほうがずっと大事なのです。

そのような読まれる記事については、もちろん素人よりもプロの方が作成に長けていることは否めないでしょう。

そう考えると、初心者や素人は、プロのような読まれる記事を書くことは困難なのでしょうか。

いえいえ、そんなことは決してないので安心してください。

初心や素人であっても、「とあるコツ」を用いることで、プロのように読まれる記事を作ることが可能なのです。

その「とあるコツ」とはズバリ「文書作成アドバイスツール」のことです。

この「文書作成アドバイスツール」を活用することで、何気ない平凡な文章でも、魂や新鮮な血が吹き込まれ、生き生きとした「読者が思わず読みたくなるような記事」に変化することでしょう。

「で、でも、文章作成アドバイスツールって、ネット上に色々あるけど、どれを選んだらいいのかなぁ」と迷ってらっしゃる方は、意外と多いでしょう。

そんな方には、「文賢」というアドバイスツールを強く推薦します。

「文賢」を強く推奨する理由や、特にどんな方におすすめなのかなどについても紹介しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

「文賢」の概要について教えて!

「文賢」は、各々が書いた文章をプロライターの視点から校正・推敲・校閲などをしてくれる文章作成支援ツールです。

使い方も極めて簡単であり、改善したい文章を、専用の画面にコピペして入力するだけです。

これだけで、自動で文章を約100以上のさまざまな視点から評価してくれますので、その評価内容に即して文章を修正すれば、最短かつ最小の労力でよりよい文章に近づくことができます。

ちなみに運営会社は(株)ウェブライダーです。

この会社については、Webコンテンツ作成に関して大手企業のものを数多く受注した実績がありますので、SEOのノウハウについては疑う余地はないでしょう。

そんなSEOノウハウ豊富な会社が、「自分達が本当に欲しいツールは自分たちで作る」をモチベーションとして開発されたのが、この「文賢」というわけです。

「文賢」の特徴やおすすめのポイントはどんなものなの?

そんな数多くの企業から支持を得ている「文賢」の主要な特徴は、「豊富な視点での文章チェック」「言い回しの提案」「チーム制作への対応」の3つであり、それがそのまま「文賢」のおすすめポイントとなっています。

それぞれ3つのポイントについて個別に解説していきます。

豊富な視点での文章チェック

100を越える視点で、「文賢」は皆さんの文章をチェックしてくれます。

このチェックする視点が多ければ多いほど、あなたの文章は完全なものに近づくことは容易に想像がつくことでしょう。

具体的には「推敲」、「校閲」、「読み上げ」などを通じて、あなたの文章を向上させる機会を与えてくれます。

まず、「推敲」については、冗長な表現、全角・半角の統一、句読点以外の改行などに関する指摘はもちろんですが、その他にも「文章展開を考慮した接続詞を選択しているか?」、「漢字表記になっているが、敢えて平仮名にした方がいいのでは?」などの指摘もしれくれますので、大いに参考になります。

その指摘の鋭さは、WEB上でオンラインで人間が直接指導しているのではないかと思うくらいのものがあります。

「校閲」についても、誤字・脱字の指摘のみならず、なんと差別語・不快語までも指摘してくれます。

ブログという世界中の人々が見るようなものにおいては、この差別語・不快語というものは本当に致命的なものであり、これらのためにブログが閉鎖されたり、はたまた裁判沙汰になってしまった例もあるほどです。

逆に言えば、このようなツールを通過した文章については、安心してブログに掲載することにもつながると言えるでしょう。

「表現方法」に関しては、その文章の「精錬さ」に結びつく重要な要素です。

「無駄な字数を減らすような表現方法」や「箇条書きで整理」などの指摘をしてくれますで、それを踏まえて修正すれば、皆さんの文章はよりエレガントさを増すことでしょう。

「読み上げ」の機能が付いているのも大変ありがたいです。耳で文章を聞くことによって、目では確認できなかった微妙なニュアンスのズレを確認し、修正することが期待できます。

これまで紹介したのは、100ある文章チェック機能のうちの主要なものだけですが、これだけでも文章の完成度が高まるような気がしますよね。

言い回しの提案

そんなに完成度の高いブログの文章でも、人間味や感情を感じられないものについては、なかなか読者が定着しません。

生き生きとした文章、すなわち読者を惹きつけるような感情の起伏、人間臭さをを感じられる表現にするには「言い回し」が非常に重要であることは言うまでもありません。

皆さんも有名な小説や、他の有名ブロガーの記事を見ていて、「この言い回しは、なんて素敵なんだろう!」、「こんな言い回しは、いかにも〇〇先生らしさが溢れている。」と思わず感動してしまった経験はないでしょうか。

文賢の実力

実は、「文賢」にはこのようにプロに近い言い回しに近づけるような提案もしてくれるのです。

「機械なのに本当にそんなことしてくれるんですか?」と疑問の声が今にも聞こえてきそうですが、これは紛れもなく本当なのです。

このようなことができるのは、冒頭でも述べたように、運営会社が大手企業の数多くのWebコンテンツ作成に関わってきており、「どんな言い回しが読者に響くのか?」とう膨大なノウハウが蓄積されているからに他なりません。

「類語・例え」、「慣用句・ことわざ」、「日常のあるある」を駆使し、とても個性に溢れた言い回しを提案してくれるので、その文章に生命がみなぎるようになります。

「類語・例え」の例としては、「熱狂のスタジアムと化した」、「ご飯の一粒一粒に染み渡る」、「100万光年先の星を射止めたような」などといった言い回しを提案してくれます。

これらを採用すれば、皆さんの感情を素直に曝け出した表現になり、読んでいる読者の関心を引きづり込むことができるでしょう。

提案される「慣用句・ことわざ」

また、提案される「慣用句・ことわざ」の例を用いれば、表現が難しいものでも意外にすっきりと分かりやすく表現することができます。

「日常のあるある」の提案もなかなかのものです。皆さんは、「非常に嬉しい」ことをどのように表現するでしょうか。普通は、「予想外の嬉しさ」や「望外の嬉しさ」などと表現してしまいますよね。
因みに、この「文賢」では、「一夜漬けで丸暗記した部分がちょうど試験に出たような嬉しさ」なんていう表現を提案してくれます。
どちらの表現が読者に響くかは言うまでもないですよね。

このように、「文賢」が提案する、ふくよかな言い回しを文章の要所要所に組み入れることで、あなたの文章は、より読者の心に響く文章に変化することが期待できるというわけです。

チーム制作への対応

一つの文章を一人ではなくチームで同時に作成する場合については、その文章作成におけるルールづくりが非常に重要です。

そうしない場合、その文章が箇所によって表現のトーンが異なり、ぎこちない非常に読みにくい文章になってしまいます。

「文賢」ではこうしたルール(レギュレーション)を設定できるので、テームで同時に作成したとしても、統一された文章の作成が可能になります。

また、このルールを変更する権限の範囲も、役職によって差異をつけられるようになっていますので、組織上の体裁を保ちつつ、積極的な文章作成ができるところも魅力的であると言えます。

どんな人に特におすすめなの?

「文賢」は、よりよい文章を作成したいという向上心がある方であれば誰でもおすすめですが、ここではその中でも「特にどんな方におすすであるのか」について触れていきたいと思います。

ライティング初心者の方

ライティングの初心者で、最初からプロレベルの文章を作れる人間などほとんどおりません。

そうした初心者がプロレベルの文章一気に近づくためにも、この「文賢」はおすすめです。

誤字や脱字が多い方

実は誤字や脱字って、文書をつくった側は気づきにくいのに対して、読まされる側はすぐに気がついてしまうものなのです。

皆さんも誤字や脱字が多い文章を読む気にはなれませんよね。

こうした誤字・脱字に不安な方は、「文賢」を活用することでこれらを一気に排除し、文章の信頼度を高めることができます。

想像以上にブログ読者が少ないと感じている方

「一生懸命内容の濃い完璧な文章を考えてブログ投稿したのに、読者がなかなかつかないよー」と嘆かれている方は、もしかしたら読者の方に「退屈な文章だ!」と飽きられているのかもしれません。

「百科事典」というものをイメージしてみてください。

「百科事典」に書かれている内容は、無駄な文章を極限にまて削り取った完璧なものであるはずです。

「ちょっと、わからないことあるから調べてみたいなぁー」と思った時、わざわざ「百科事典」で調べようと皆さんは思うでしょうか?

おそらく、もっとライトな言い回しで書かれたサイトなどで調べることでしょう。

そうなんです、完璧な文章が読者に支持されるとは限らないのです。
読者がある程度つくには、表現が魅力的であって、そいれでいて内容がある程度整えられていることが必須なのです。

その点、「文賢」は、「言い回しの提案」を通じて、あなの文書の表現をより魅力的にしてくれるはずですから、使わない手はないでしょう。

文章作成アドバイスツール「文賢」のまとめ

今回は、文章作成アドバイスツール「文賢」について紹介させていただきました。

この「文賢」の要点を以下にまとめます。 
 
 ・ 「文賢」を運営する会社は、文書作成に関わる様々なノウハウの蓄積があるため、ツールの信頼性は非常に高い。
 
 ・ 「文賢」では、「誤字・脱字」の指摘といったものの他に、「表現方法」も指摘してくれるために、より精錬された文章作成が可能である。
   さらに、「言い回しの提案」もしてくれるので、より人間味溢れた、血の通った魅力的な文書への変身も十分期待できる。
   その他、「読み上げ」機能や「差別語・不快語」指摘などに関しても、文章作成の上で大きな力になり得る。

 ・ 「文賢」は文章力向上を目指す全ての方におすすめであるが、その中でも「ライティング初心者の方」、「誤字や脱字が多い方」、「想像以上にブログ読者が少ないと感じている方」には特におすすめ。

いかがだってでしょうか。

「文賢」の魅力やメリットをある程度ご理解いただけたのでえはないでしょうか。

この記事がきっかけとなり、結果的に皆さんの中の一人でも多くの方が「文賢」を通じての充実した執筆活動ができれば、これに勝る喜びはありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

みけねこ屋

ブログ部®管理人です。        2021年10月より運用開始、やっと6ヶ月が経過して、 Googleに認められた感じがします。 ブログ・アフィリエイトの情報を発信中です。 一緒にブログの樹を育てましょう!

-SEO対策, ライティング