SEO対策

SEOとして活用できる無料キーワードチェックツールを紹介!

SEOとして活用できる無料キーワードチェックツールを紹介!

SEO対策として無料で使えるキーワードチェックツールは、たくさんありますが、無料でも十分使える機能が備わっています。

ブログやサイト運用をして集客したいときは、キーワード選定が重要になってきます。

無料キーワードチェックツールの紹介と活用方法を紹介していきますので、キーワード選定の際に、参考にしてみてください。

SEOとして活用できるキーワードチェックツール

キーワードチェックツールは、無料から有料のものまで検索・調査(リサーチ)できるツールがたくさんあります。

需要のある検索キーワードを知りたいと思った時は、検索ボリュームや関連キーワードを調べられるツールを利用しましょう。

キーワードチェックツールでわかることは、下記の通りです。

ツールから分かる事

  • Googleキーワードサジェストを取得
  • キーワードの競合性
  • キーワードの検索ボリューム
  • 関連キーワード(関連語)
  • キーワードの難易度
  • 検索順位

キーワードツールをうまく活用すれば、SEOに活かすことができます。

キーワードチェックツールの紹介

需要のある検索キーワードを選ぶ際に使えるのが、キーワードチェックツールです。

キーワードチェックツールについて紹介します。

よく使われる「キーワードプランナー」について

引用:キーワードプランナー

Google検索結果上で、どんなキーワードで毎月毎回検索されているか、回数などを見ることができる無料ツールです。

下記の通りです。

キーワードプランナでわかること

  • 入札単価や競合サイトの確認
  • 月間検索ボリュームの確認
  • 新しいキーワードや関連キーワードの検索
  • 関連キーワードの発見

検索されているキーワードを知って、ニーズにあったコンテンツ作りができます。

隠れたキーワードが見つかる「Keyword Tool」

引用:Keyword Tool

Keyword Toolは、キーワードプランナーの代わりに使え、アカウントなしでも使える無料キーワードツールです。

キーワードプランナーでは出てこないキーワードが、「Keyword Tool」を使うことで、下記情報が取得できます。

Keyword Tool

  1. Googleサジェストから750以上のロングテールキーワードを取得
  2. Bingサジェスト関連キーワードの取得
  3. Youtube、TwitterなどのSNS検索で使われる関連キーワードの取得

※有料版もあり。

欧米版のため、$79/月。

有料版の機能は、下記の通りです。

有料版の機能

  • 多くの関連語(ロングテールキーワード)を素早く検索、解析
  • クリック単価が確認できるので、Webマーケティング活動にも利用できる
  • csvファイルでダウンロード

SEOの著名人に評価されているツールでもあります。

SEO対策やWebマーケティング運用に向いている「キーワードファインダー」

引用:キーワードファイダー

キーワードファイダーは、効果的なキーワード選定ができるツールです。

Googleの検索機能で表示されないサジェストを取得できます。

キーワードファインダーの機能は、下記の通りです。

・関連キーワードの取得

・キーワードの検索数が確認

・キーワードの難易度が確認

・上位表示されやすいキーワード

・新しいキーワード

・キーワードマップで、検索意図に沿ったコンテンツになっているか

などが確認できます。

関連キーワードを自動で取得・分類してくれるので、効果的なキーワードの選定がしやすくなり、質の高いSEO対策ができる特徴があります。

※7日間利用できる無料版あり。期間終了後、自動的に有料版へと切り替わります。

※有料版 3つのプランがあり。

コース税込/月機能
プロフェッショナル110,00010サイトまで対応
スタンダード55,0003サイトまで対応
エンタープライズ220,00030サイトまで対応

                 

検索数ボリュームを調べる「aramakijake.jp」

引用:aramakijake.jp

aramakijake.jpは、無料SEOチェックツールであり、アカウントなしで検索ボリュームを調べられるツールです。

「検索数予測ツール」と「競合検索数予測ツール」の2つツールがあります。

(検索数予測ツール)

・関連語、月間推定検索数、検索順位別の月間検索アクセス予測数の確認

・月間検索アクセス予測数では、1位から50位までの検索数の確認

・競合検索数予測

(競合検索数予測ツール)

・月間推定検索数、現在の順位、月間検索アクセス予測数などの確認

aramakijakeを使う場合、キーワードによって精度が違うので、キーワードプランナーとキーワードファインダーなどの検索数がわかるツールと合わせて使うのがおすすめです。

関連語を調べられるツール

関連語を取り入れることで、アクセス数を伸ばすことが可能になります。

メインのキーワードを入力した後に、次の候補となるキーワードが表示されますが、これが関連語です。

関連語を知ることで、検索意図を知るヒントになります。

Googleサジェスト機能

Googleサジェスト機能は、SEO対策には欠かせないツールです。

Google独自のキーワードツールであり、ユーザーがどんな関連キーワードを検索しているかわかります。

よく検索されているキーワードは、サジェストキーワードとして優先的に表示されます。

関連取得キーワードが調べられる「ラッコーキーワード」

引用元:ラッコーキーワード

ラッコーキーワードは、キーワードリサーチに必要な情報が収集できる無料ツールです。

検索意図の把握、検索キーワードの調査に使えるツールであり、コンテンツ製作者のためのツールでもあります。

・Googleサジェストの組み合わせパターン

・Yahoo!知恵袋、教えて!gooの情報のQ&Aサイトから関連語を一括で取得

・上位20サイトから、共起語を取得

・連想語取得

・類語・同義語を取得

・見出しの抽出

・ニュース・話題の記事

・取得したものをCSVでダウンロード

・Googleトレンドをざっくり見ることができる機能

などのサイトから関連キーワード、関連タイトルを一括で取得してくれます。

※2020年11月11日、「goodkeyword」を吸収合併した。

csvでダウンロードできる「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」

引用元:グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツールは、サジェストで表示されるキーワードを、一覧で表示してくれるツールです。

検索数の多いキーワードを取得できるので、コンテンツ作成時の参考にしてみてください。

一覧で表示したものは、csvでダウンロードできます。

※無料で利用できますが、会員以外は、検索回数が1日1回になります。

Twitter共起語などのツールから関連語を取得できる「KOUHO.jp

引用:KOUHO.jp

KOUHO.jpは、Googleサジェスト、Amazonサジェスト、楽天サジェスト、Bingサジェスト、はてな連想語、Yahoo知恵袋、Twitter共起語の関連語を取得できる無料ツールです。

検索履歴を30件まで表示し、取得したキーワードはcsvでダウンロードできます。

より多くの関連語(ロングテールキーワード)を抽出できます。

KOUHO.jpで、複合キーワードを見つけたら、キーワードプランナーで、検索ボリュームが多いキーワードを調べます。

複合キーワードとは、いくつか組み合わせたキーワードのことです。

検索エンジンからの流入を増やすには、競合の少ない複合キーワードと検索ボリュームが多いキーワードを見つけるのがコツです。

新たな関連キーワードが抽出できる「キーワードアドバイスツール(Yahoo)」

引用:yahoo!広告

Yahooのプロモーション広告を利用すれば、関連語を取得できるキーワードツールです。

キーワード、サイトURL から関連語を抽出することができ、過去の実績を元に推定したデータを表示してくれます。

・新しい関連キーワード

・検索ボリュームの見立て

・シミュレーション作りの参考に

※Yahoo!広告のアカウントに登録して、リスティング広告を出稿する際に、キーワードの詳細を無料で調べることができます。

キーワードマップで関連語が見れる「OMUSUBI」

引用元: OMUSUBI

OMUSUBIは、キーワードを1つ入力すると、キーワードマップにして、関連するキーワードを抽出してくれます。

キーワードマップにすることで、視覚的に見ることができます。

・知らないジャンルでもブログやサイトの断層構造

・重要なキーワード

・関連性の高いキーワード

・関連語句

・YouTube、Amazon、Bing、Wikipediaの関連キーワードを取得

SEO対策では、検索意図を予測して解決策を提示しないといけませんが、ユーザーの悩みや何を知りたいのがわからないと、答えを返すことができないので、「OMUSUBI」を使うことで、キーワードを拡げられます。

検索キーワード順位チェック

検索順位ツールを使って検索エンジンの順位を把握し、SEO対策していきましょう。

 SEOチェックとURLで3つのキーワードチェックができる「SEOチェキ

引用元:SEOチェキ

SEOチェキは、SEO状況を調べるのに有名な無料SEOツールです。

SEO対策に役立つデータが取得できます。

・サイトSEOチェック

・検索順位チェック(1位〜100位)

・キーワード出現頻度チェック

・Whoise情報チェック

検索順位チェックは、上位表示させたいキーワードで、Webページが何位か確認できます。

100位から下の順位を確認したい場合は、300位までの順位が確認できる「ohotuku.jp」で活用しましょう。

URLと3つのキーワードを使って、狙うキーワードが上位表示されているか、GoogleとYahooの検索順位を同時に確認できます。

サイトSEOチェックは、SEOの状況が総合的にチェックできる便利な機能です。

キーワード出現頻度チェックは、Webページ内の頻出するキーワードの回数や出現率、総単語数がわかり、キーワードの出現頻度から、Webページのテーマがどんな内容か確認できます。

SEOチェキで、キーワード出現頻度をチェックしたら、出現率の目標を「ohotuku.jp」で設定し、必要な単語数をチェックしましょう。

もしキーワードの出現頻度が低いと、SEOキーワードの情報量が少ないと判断されてしまいます。

Whoise情報チェックは、指定したURLのWhoise情報を表示し、ドメインの登録者名、組織名、登録月日、有効期限などの詳細な情報を確認できます。

 URLで5つのキーワードチェックができる「検索順位チェッカー」

引用元:検索順位チェッカー

検索順位チェッカーは、1つのURLに対して、5つのキーワードを使ってチェックできるツールです。

Google、Yahoo、Bingの検索順位がわかり、PC版とスマホ版の検索順位が表示されます。

登録なしの無料で使える簡易的なチェックツールです。

 PC・スマホで調べられる順位チェックツール「SEOTOOLS」

引用元:SEOTOOLS

SEOTOOLSは、サイトのURLとキーワードを入力して、検索順位やBingの検索順位のチェックができるツールです。

PCやスマホからでも順位チェックの確認ができ、また、自分のサイトの順位を知りたい時に使えるので、サイトの診断や分析もできます。

・難易度を教えてくれる機能

キーワードプランナーで、使うキーワードが上位表示されるための難易度を教えてくれる機能です。

キーワードの難易度とコメントが表示されます。難易度の意味は、下記の通りです。

表示される文字難易度
S上位表示が最も難しいキーワード
A非常に難易度の高いキーワードであり、上位表示が難しい
B簡単には上位表示が難しいキーワード
C上位表示が可能なキーワード
D上位表示が簡単なキーワード
E上位表示が最も簡単なキーワード

・SEOアクセスを解析してくれる機能

・検索順位

・キーワード

・ページランク

・インデックス数

・被リンク数

・キーワード率

・強調タグ

・ドメイン取得年月日

・総合評価

などの各項目にコメントを付けて説明しているので、今後どうのようにSEO対策していけばいいかがわかります。

・被リンクチェックができる機能

ページのランクと被リンク数が調べられる機能があります。

ドメイン・IPの分散度合いを調査することで、サイト内に被リンクが集まっているか把握することができます。

 ・順位300位までチェックできる「ohotuku.jp

引用:ohotuku.jp

ohotuku.jpは、自社の順位チェック、競合の順位チェックをしたい時に使えるツールです。

自分のページのURLと3つのキーワードを入れて、順位を調べることができます。

また、履歴も残せます。

5.類語・同義語を調べるツール

類義語や同義語などに言い換えたいときに、調べるツールです。

高いコンテンツを作るために、単語数を増やしていきましょう。

 類語が抽出できる「weblio辞書

引用:weblio辞書

weblio辞書は、入力したキーワードの類語が抽出でき、関連語が取得できるキーワードツールです。

無料で利用できるので、文章の幅を広げたい時に使えます。

類義語の他に、対義語(反対語)も調べられます。

 

共起語を調べるツール

共起語とは、1つのキーワードに対して、一緒によく使われるキーワードのことを言い、共起語を使えば、SEOに強いコンテンツにすることが可能です。

Google検索エンジンの評価は、ユーザーにとって有責な情報は掲載されているかで判断されます。

クローラーにとって共起語は、「コンテンツの中で、ユーザーにとって有益のある情報が書かれているか」判断するための目印となっています。

 共起語の出現頻度(回数)がわかる「共起語調査ツール(サクラサクラボ)」

引用:共起語調査ツール(サクラサクラボ)

共起語調査ツール(サクラサクラボ)は、入力したキーワードと一緒に使われるワードを抽出する無料ツールです。

共起語が抽出でき、出現頻度(回数)に応じたランキング形式で関連語がわかります。

抽出できた共起語一覧は、csvでダウンロード可能です。

・日々変わる検索エンジンの状況や数値の確認

・共起語調査ツール

・関連語調査ツール(Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンから関連語調を一括で取得できる)

・キーワード選定ツール

・上位サイト分析ツール

・リダイレクト&ステータスコードチェックツール

話題のワードが調べられる「Googleトレンド」

引用元:Googleトレンド

Googleトレンドは、過去から現在までのキーワードの人気度(需要)がグラフで確認できる無料ツールです。

(確認できること)

・話題となっているキーワード

・日ごとのキーワード

・リアルタイムのキーワード

・キーワードの人気度比較

などが見れます。

Googleトレンドとキーワードプランナー、類語辞典を使って、タイトル、キーワード、見出し、本文などで使うキーワードを決めることができるでしょう。

SEO対策として、Googleトレンドを使えば、キーワード調査と一緒に、需要の変化などを知ることで、コンテンツの強化ができます。

まとめ

キーワードツールは、目的によって様々なツールがありますが、ツールを使い分けて、キーワードチェックをしていきましょう。

キーワードツールを使うことで、検索ボリューム、関連キーワード、類義語などを知ることで、ユーザーにとって、わかりやすいコンテンツを作ることができます、

無料のツールを使いこなすだけでも、十分ですが、もっと詳しいデータなどが必要になったら有料版を考えてみるといいと思います。

-SEO対策