SEO対策

そのSEO対策って本当に有効なの?

これからブログなどを運営し、お金を稼ぐためにSEO対策を頑張っている人は多いでしょう。

検索上位を取るためにSEO対策をしてもあまり効果が出ない人は多いです。

この記事では、実は意味のないSEO対策や本当にSEO対策は必要なのかについて徹底解説しました。

本記事で読むことで、今まで行っていた無駄なSEO対策を知ることができ、検索上位が取りやすくなります。

SEO対策を頑張っているのに中々結果が出ない方、

これからブログなどを始めたいと考えている人は是非参考にして下さい。

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字を取ったものであり、検索エンジン最適化という意味です。

検索結果の上位に表示されるためには、

SEO対策をし、Googleから高い評価を得る必要があります。

近年インターネットが急激に普及しており、新型コロナウイルスの影響で在宅の時間が増えています。

在宅時間が増えたことでネット利用者も大きく伸びています。

分からない事があればインターネットで検索し、解決する事が当たり前になってきています。

少し前まではSEO対策をしていれば見にくい記事であったとしても上位表示されていました。

しかしながら、今のSEO対策はユーザーが体感する価値の高いサイトが評価されるようになり、SEOは必要ないのではないかとも言われています。

SEO対策としてするべき事がいくつかあるのですが、何度も実践し、自分で感覚を掴む事が1番早いです。

SEO対策の勉強に多くの時間を費やしているのであれば、まずは記事を書き、後から修正するなどすると良いでしょう。

実は意味のないSEO対策

SEO対策と調べると多くのSEO対策方法がインターネット上には転がっており、全ての情報を信じてしまう方もいます。

しかしながら、インターネット上には根拠のない、または、現在では通用しないの情報もあります。

そのため、今のSEOの評価基準では意味のないことを実践している方も多いです。

そのため、正しいSEO対策をする事ができるように、実は意味のないSEO対策について紹介します。

自作自演リンク


自作自演リンクとは、ユーザーにとって価値のない記事を量産し、SEOの評価上げるという方法ですが、現在は効果がありません。

少し前に自作自演リンクはかなり有効なSEO対策であった時期がありました。

しかし、現在では自作自演リンクを作成し、検索上位を取る人は多くなり、Googleアップデートで対応がされました。

自作自演リンクは、効果がないだけでなく、Googleからペナルティを課される可能性もあるため、注意しましょう。

また、有料のリンクを販売している業者もありますが、リスクが無いということはあり得ませんので注意が必要です。


H3:キーワードの出現率を調整すること
キーワードの出現率を意識して記事を作成している人は多いと思いますが、これも少し前の話であり、現在は関係ありません。
Googleのアルゴリズムはかなり進化しており、キーワードの出現率だけでサイトを評価するということはないです。
文章の中に適切なタイミングでキーワードを差し込もうとして、文章が不自然になってしまうこともあるため、キーワードはあまり意識しなくて良いでしょう。
キーワードの出現率に気を付けるよりもそのキーワードの話を広げることを意識した方が良い評価を得る事ができます。
H3:とにかくキーワードを詰め込むこと
キーワードは検索される際に重要ですが、詰め込めば良いというわけではありません。
キーワードを詰め込みすぎるとペナルティのリスクもあるため、注意しましょう。
特に、titleタグにキーワードを詰め込んでしまうとペナルティのリスクが高まるため、避けて下さい。
キーワードを多く設定することで様々な検索結果で上位表示されると勘違いしてしまう方が多いです。
しかしながら、キーワードを多く設定してしまうと評価が分散してしまい、どのキーワードで検索された際も上位表示されない可能性があります。
上位表示されるためには、1記事1キーワード程度を心掛け、たくさんのキーワードを詰め込みたいのであれば、その分多くの記事を書くようにしましょう。
H3:metaキーワードを設定すること
Metaキーワードとは、ページに関係のあるキーワードを記述するためのmetaタグであり、少し前までは、いくつかのmetaキーワードを設定することがSEO対策する上でのセオリーだと言われていました。
しかしながら、Googleがmetaキーワードのサポートを廃止したため、現在はSEO対策の効果はありません。
Metaディスクリプションはクリック率に効果があるため設定するべきですが、metaキーワードは設定する意味がないため、設定しなくても良いです。
H3:無駄なalt属性の設定
画像のalt属性は画像の内容をGoogleが判断する際に参考にするものであり、画像を表示できないユーザに対しても便利なものとなっています。
そのため、全ての画像にalt属性を設定するべきだと思っている人は多いです。
しかしながら、装飾目的での画像には何の意味も込められていないため、alt属性を設定する必要がありません。
無駄にキーワードを詰め込んでしまうとペナルティのリスクもあるため、必要のない画像に関しては空白で放置しておきましょう。
H3:関係のない画像入れること
画像を使用することによって検索順位が上がるということはないため、関係のない画像は入れないようにしましょう。
画像を差し込むことによってユーザーがサイトを見やすくなるため、SEOの評価が上がるというだけであって画像を言えることにSEO対策の効果はないです。
H3:長い文章
長い文章ほど情報が詰め込まれているため、Googleからの評価が上がると思っている人は多いですが、文字数はあまり関係ありません。
重要なのはユーザーが求めている記事であり、長すぎる文章はユーザーからすると読む気がなくなってしまいます。
文字数が多く評価されている記事というのは重要な情報が詰め込まれているからであり、文字数を稼ぐために書いた内容の薄い記事は評価されません。
H3:業者が行う外部SEO対策
SEO対策を行うという業者がありますが、外部対策を業者に任せてしまうとGoogleからの評価を落としてしまう可能性があります
業者はプロであり効果があると勘違いしやすいですが、ほとんど効果はなく、コスパがかなり悪いため、依頼しない方が良いです。
そのため、自分自身でSEOについて学び、試行錯誤することで適切なSEO対策ができるようになる事が1番でしょう。

H2:そもそもSEO対策をしなくても良いって本当?
SEO対策について発信している方の中で、SEO対策はしなくても良いと発信している方がいます。
しかしながら、これらの方々はSEOについて勉強し、無意識で質の高いSEO対策を行う事ができる方です。
確かに、ユーザーにとっての利便性が重要視されているため、ユーザーが見やすいことを意識すれば自然と検索順位が上がるということもあります。
しかしながら、Googleのアルゴリズムは常に変化しており、その度に適したSEO対策をする事が必要です。
検索上位を獲得するためには、Googleのアルゴリズムの変化に対応し、正しいSEO対策が重要になるため、SEO対策は必ずするべきでしょう。

H2:まとめ
本記事では、実は意味のないSEO対策や本当にSEO対策は必要なのかについて徹底解説しました。
意味のないSEO対策はGoogleからのマイナス評価になってしまうリスクもあるため、注意して下さい。
正しいSEO対策をすることによってGoogleからの評価が上がり、検索上位に表示されるようになるため、正しい知識を身に付けるようにしましょう。

-SEO対策