SEO対策 ブログ ライティング

文章作成のポイント!「文章作成アドバイスツール文賢」の活用法も解説!

みけねこ

多くの読者が集まるようになれば注目度もあがり、検索でも上位に表示されやすくなります!

しかし、何もしないで読者集まるか?と言えば、そう甘いものでもありませんね

記事の内容が読みやすく、読んでいて楽しいものでないと、読者は定着しないのです。

なやみん

記事数も増やしても、離脱率が増えてアクセス数が伸びないです

ぜんぜん検索順位が上がらないんですが・・

このように思う方は、まず、自分の文章を客観的に見てみましょう。

書き手の視点で見てしまうと、どうしても読者の気持ちはわからなくなってしまうもの

人気ブログを見ていると、引き込まれるような面白い文章構成になっているものばかりです。

今回は、人に面白いと思ってもらうためのポイントについて紹介していきます。

みけねこ

文章作成のヒントとなるツールについても触れています

チェックしてみてくださいね

文章作成のポイント

人に読んでもらうための記事で大事なことは、

  • リズムが良い文章である
  • わかりやすい内容で書かれている
  • 内容が「自分のことだ」って思ってもらうこと

では、具体的にはどのような点に気をつければ、読者に読んでもらえるのでしょうか。

読者ターゲットを決める

どのような人に向けての記事なのかを明確にしていきましょう。

ターゲットはどんな人か?

どんな人に向けて書かれているのか、ターゲットを決めることは非常に重要です。

  • 何歳で、性別は?
  • 職業は何なのか?
  • 趣味や興味があるのはどんなこと?
  • どんなことに悩んでいるんだろう?

できるだけ細かく設定しましょう。

ペルソナの設定

そうして出来上がった人物像はペルソナと呼ばれ、記事作成の際に意識すべき根本のポイントとなります。

ターゲットを明確に決めることは、どうして重要視されるのでしょうか?

それは、読者に「自分のための記事だ」と思ってもらうためです。

そこまで人物像を限定してしまったら、ヒットする人が少ないのでは、と思う人もいるでしょう。

しかし、こと記事作成においては、これはとても有効なポイントなのです。

ターゲットが曖昧だと?

逆に、ターゲットを曖昧にした時、その記事の内容も曖昧になってしまいます。

ターゲットが広すぎてしまい、誰にも響かない記事となってしまいます。

より具体的にターゲット像を決めることで、人の心に刺さりやすい記事となるのです。

結論を先に書く

まず、以下の文章を比較してみましょう。

例文を見て考えよう

「〇〇の理由は、△△です。なぜなら〜だからです」

「〇〇は、◻︎◻︎で、●●なので、△△です」

どちらの文章が、わかりやすいでしょうか。

圧倒的に読みやすいのは、前者の文章だと思います。

後者の文章は回りくどく、途中で何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

これでは読者のモヤモヤも解消されず、結局離れて行ってしまうことでしょう。

ずばり、結論は先に書く

前者の文章は、最初に結論を述べ、そこで文章をスパッと切っています。

これによって説得力が強くなり、ああ、そうなんだとすっきりさせることができるのです。

記事のリード文を上手に書く方法は、⇒ リード文次第ですべてが決まる!効果的な書き方 を参考にして下さい。

理由を書く

結論を述べた後で、今度はしっかりとその理由を書きましょう。

読者としても理解しながら読み進めることができます。

同じことを書いているつもりでも、書く順番次第で印象は大きく変わってきます。

最後に、悩みの答えを書く

読者は、悩みの解決策を知りたくて検索してきているわけですから、それに対する答えを提示してあげることが大切なのです。

読者の心に響く文章が書ければ、このサイトは参考になると思ってもらえるので、再訪の可能性も高くなります。

あわせて読みたい記事

構成を考える

文章を作成するのであれば、最初に必ず構成を考えましょう。

見切り発車に注意

ブログを書く際に初心者がやってしまいがちなのが、見切り発車で始める、ということ。

いわば、地図も持たずに航海に出るようなものです。

地図もなしに航海をすると、当然目標地点がわかりません。

どこに向かっているのかもわからないまま進んでしまうと、ぜんぜん知らない場所にたどり着いてしまうでしょう。

文章も、同じです。

構成という設計図を考える

構成という設計図がないままに進めてしまうと、いつの間にかテーマから脱線し、質の悪い記事になってしまいます。

読んでいるうちに何が言いたいのかわからない文章になると、読者もよくわからないと感じて去ってしまうでしょう。

これでは、読まれる記事を作ることはできません。

構成の考え方

まず最初に全体の流れを決め、最終的にどこに落ち着けたいのかということを定めましょう。

そのあとで、どのような内容を含めるのか、ということを検討し、全体の設計図として完成させます。

あとはそこに沿った文章を書いていけばいいだけとなります。

構成があるのとないのとでは、書きやすさも格段に変わってきます。

より詳しい構成の考え方は、⇒ 絶対読まれる!伝わりやすい見出し構成の極意を読んでみましょう。

文字数を決める

文字数は、必要な情報量を詰め込んだ上で、2,000〜3,000文字位がベスト

では、詳しく見ていきましょう。

意外と重要な文字数

読まれるブログと読まれないブログを比較した時に、違いが出やすいのが、文字数です。

とはいえ、多ければ多いほど良いというものでもありません。

昔は、多ければ多いほどGoogle側が中身のある記事だと判断し、評価が高くなっていました。

ただ、今はその限りではありません。

文字数とGoogle評価の現状

文章の量が少なくても、内容が充実していればGoogleは価値のあるサイトとして順位を上げるようになりました。

とはいえ、文字数があまりに少なすぎるのでは話になりません。

最低でも、1,500文字以上は書くようにしましょう。

文字数と同じく大事なこと

文章量だけが多くても中身が冗長な文章ばかりでは、読者は飽きてしまいます。

一見ボリュームがありそうでも中身はスカスカにならないよう気をつけましょう。

必要な文字数は?

必要な情報量を詰め込んだ上で、2,000〜3,000文字位あれば、十分に評価してもらえる記事となります。

もちろん、情報を網羅した上でさらに文字数が増えれば、ベストです。

一貫性を持たせる

この章では、一貫性のある文章の重要性について見ていきます。

一言で言うならば、筋を通すです!

結局何が言いたいのかを明確にする

設計図なしに文章作成を進めてしまうと、何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

最初に述べたことと最後の締めくくりで内容が違うと、読者は混乱してしまいます。

何が言いたいのかわからない記事というのは、読者が離れる原因に!

また、離脱率が上がると質の低い記事と認識され、評価も下がってしまいます。

これを防ぐためには、最初に構成を作っておくことが鉄則です。

構成を考えておく

構成を作っておけば、変な方向へ進むこともありません。

攻勢に沿って文章を書いていくとスムーズに書くことができます。

おすすめは、最後に音読する

記事を書き終わった後におすすめしたいのが音読です。

実際に声に出して読んでみて、引っかかるところや読みにくい箇所があれば修正します。

誤字・脱字に注意しよう

誤字や脱字は、特に注意しましょう。

それだけで、記事の信頼感が低下してしまいますよ!

文章作成アドバイスツール「文賢」がオススメ!

自分の文章に自信がないという場合には、ツールを使って文章をチェックしてもらうことができますよ。

おすすめなのが、文章作成アドバイスツール【文賢】です。

WordPressテーマ『賢威』で有名なウェブライダーが発売しています。

ここからは、文章作成アドバイスツール【文賢】の魅力や特徴について紹介していきます。

文章校正アドバイスツール【文賢】公式サイトはこちら

改善点をアドバイスしてくれる

文賢は、自身で書いた文章を打ち込むだけで、その文章の改善ポイントを具体的に指摘してくれます。

誤字・脱字をチェック

文章校正アドバイスツール【文賢】の機能として、

  • 誤字脱字をチェック
  • 句読点の数から読みやすさを判断
  • わかりにくい言い回しではないか?
  • 誰かにとって不快になるような言葉が入っていないか

など、細かく見てくれます。また、

  • 日本語として間違えている表現がないか?
  • スマホで見たときに見えやすいバランスになっているか?
  • 表記の揺れはないか?

なども判断できます。

すぐれた校正機能

文章のことは自分でよく読んで見てもわからない、という人にとっても、安心の校正ツールです。

自身で校正したとしても、自分で思い込んでいる部分については、なかなか気づけないもの

文賢が他者の視点で見てくれることによって、自分の悪い癖などを学ぶこともできます。

文章作成アドバイスツール【文賢】公式サイトはこちら

機能性が多い

文章作成アドバイスツール【文賢】が愛されている理由として、その機能性の多さが挙げられます。

文字数カウント機能

例えば、書いている最中に文字数カウント機能があることで、指定の文字数までの目安をみることが可能です。

見出しごとに文字数を算出して、バランス良いボリュームにまとめることもできます。

漢字の使用率が分かる

漢字の使用率カウントなどもあります。

漢字が多くなりすぎてしまうと、どうしても読みにくくなってしまいます。

全体の文字数と漢字の文字数を比較して、漢字の割合が多いようであれば、文章の再考ができます。

詳しくは、⇒ 絶対読まれる!漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス をどうぞ

自分では気がつかないことをチェックしてくれる

自分で読んでも気がつかないクセまでチェックしてくれます。

様々な視点で文章をチェックするツールが揃っているのが、文賢の素晴らしい点です。

【参考記事】

パソコンの容量を圧迫しない

文賢には多くの機能があり、重くなるのではないか?と懸念する人もいます。

文賢なら大丈夫! 動作が軽いのが特徴です。

動作が重いと執筆もすすまない・・・

パソコン動作が重くなってしまうと作業が滞り、なかなか進みませんね。

特に文章を書く作業においては、うまく動かないというのは異常に重要な問題点です。

「文賢」は動作が軽い

文賢は非常に有能で、多機能なサービスではありますが、データはクラウドに保管されます。

パソコン上で保管するわけではないので、パソコンの動作が重くなる心配もありません。

サクサクと快適に使えるのが、文賢の大きな魅力なのです。

文章校正アドバイスツール【文賢】公式サイトはこちら

辞書登録できてチームでも使える

便利なツールは、まだあります。

辞書登録機能

文章作成アドバイスツール【文賢】には辞書登録機能というものがついています。

気になる文章や言い回しなどは辞書に登録しておいて、次回以降も簡単に出して使うことができます。

他の文章を見ていて良い言い回しだな、と思えば、そのまま登録しておけます。

リモートワークにも最適

文賢は一人で使用するだけでなく、グループでも使用できます。

会社や法人での利用もできますし、多くの企業が導入しているツールでもあります。

リモートワークなどにも役立つので、ぜひ文賢を取り入れてみると良いでしょう。

ダークモードで目に優しい

パソコンを見ていると、どうしても目が疲れてきてしまうことがあります。

少しでも目や脳の負担を減らすために、文賢ダークモードを採用しています。

落ち着いた暗いデザインのページになるので、目の疲れも軽減されます。

ダークモードへの変更は、トップページで簡単に行うことができます。

さらに詳しい機能を知りたい方は、参考記事を読んでみましょう

文章校正アドバイスツール【文賢】公式サイトはこちら

まとめ

今回は、読まれる記事を作るための文章作成のポイントについて紹介してきました。

この記事のまとめ

文章作成アドバイスツール【文賢】なら、自身で気付かないところまでチェックしてくれます。

ツールをうまく使いながら、読者に面白いと思ってもらえる文章を作っていきましょう。

  • この記事を書いた人

みけねこ屋

ブログ歴5年の中堅ブロガー月50万円ほどを稼いでいます。             ブログ部®の他にガジェットや通信係ブログなど6つのブログを運営中です。     ブログ部®では、120記事を公開中   月間5万PV、Twetterフォロワー数6万人を達成しています。

-SEO対策, ブログ, ライティング