advertising alphabet business communication

SEO対策

SEO対策の重要性 順位決定の仕組みから対策の方法

SEO対策とは?その概要や重要性、具体的な施策、効果的なツールについて徹底解説!

SEO対策とは、「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」の略称で、主にGoogle検索エンジンを対象に行うマーケティングの1つです。

これは、Webページを検索結果に上位表示させ、自社サイトへの流入を増やすために実施する施策です。

本記事では、SEO対策に焦点を当て、その概要や重要性、具体的な施策、効果的なツールなどを解説します。

SEO対策とは?

SEO対策の重要性

SEO対策とは、「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」の略称で、主にGoogle検索エンジンを対象に行うマーケティングの1つです。

これは、Webページを検索結果に上位表示させ、自社サイトへの流入を増やすために実施する施策です。

SEO対策の重要性

SEO対策の重要性

自社が運用するWebサイトやページを検索順位上位にするSEO対策は、リードジェネレーション(見込み客の獲得)の施策の1つであり、自社サイトでの問合せや資料請求などのCVを増やすために、自社サイトへのアクセス数(PV数)を拡大させる目的で行われます。


SEO対策は、継続的に高額費用がかかるWeb広告とは異なり、ユーザーからの自然検索で検索順位上位を狙えるため、アクセス数(PV数)向上の解決策になり、Webサイト運用者の利益増加にも繋がります。

SEO対策で検索順位が決定される仕組み

Googleにおいて、Webページの検索順位は、検索エンジンの巡回(クロール)とデータベースへの保存(インデックス)、アルゴリズムによるサイト評価によって決定されています。

順位決定の仕組み

  • クローラーという検索エンジンのロボットが、インターネット上のページを巡回し、ページ情報を取得
  • クローラーが検出したページにアクセスし、ページのコンテンツ情報をGoogleデータベースに保存
  • Googleが定めるアルゴリズムに則ってWebサイトを評価し、検索順位を決定

※「検索に対するGoogleの方針」では、検索順位決定の際、「ユーザーが求めるコンテンツを提供できているか」ということが特に重要視されています。

【引用:検索の仕組みの基本

最近では、インデックスすらされないという報告も相次いでいます。インデックスされないと順位もつきません。

インデックス未登録に関する参考記事を参照して下さい。

【関連記事】

あわせて読みたい記事

SEO対策のメリット

運用するWebサイトやページ自体が資産になる

SEO対策目的で作成したWebサイトやページは半永久的に残り、Webサイト運用者の資産として活用できます。

Webサイト内に良質なコンテンツを増やすことで、Webサイト全体のSEO評価が上がり、検索順位上位に近づきます。

自社が運用するWebサイトやページが検索順位上位になれば、それだけユーザーが増えやすくなるため、Webサイト制作した本来の目的(商品購入や資料請求、会員登録などのCV)が達成しやすくなります。

広告宣伝費を少なくできる

SEO対策で自社が運用するWebサイトやページが検索順位上位になれば、継続的に広告を出稿し続けた場合と比較して、集客コストを安くできます。

またSEO対策は一般的な広告と違い、掲載期間などの期間設定がないため、一度Webサイトやページ検索順位上位に表示されれば長期的に安定した集客が見込めます。

SEO対策の具体的施策

本記事では、SEO対策の具体的施策として3つに分けて解説します。

  1. 内部対策
  2. 外部対策
  3. コンテンツSEO

内部対策

内部対策とは、主にWebサイトを構成するHTMLタグやテキスト、画像やリンクなどWebサイトの内部要素を最適化させることで、コンテンツの内容を検索エンジンに正しく伝えるSEO対策を意味します。

そのため、内部対策の目的は、クローラーやユーザーが認識しやすいページにすることです。

主に以下の3つの目的を達成することで、自社で運用するWebサイトやページが検索順位上位に表示されやすくなります。

目的具体的な施策
①検索エンジンにコンテンツを伝える・ページタイトルに対策キーワードを含める
・meta descriptionを記述する
・見出しタグで文構造を明確にする
・画像にaltタグを付ける
②検索エンジンの巡回を促す・XMLサイトマップを作成する
・URLを正規化する
・内部リンクを最適化する
・パンくずリストを設置する
・robots.txtを設置する
・SSLを適用する
・構造化データをマークアップする
③ユーザビリティを担保する・テキストサイズを最適化する
・404エラーページを設定する
・ページの表示速度を高速化する(画像サイズの調整やファイルサイズの軽量化など)
・モバイルファーストインデックスを意識する

外部対策

外部対策とは、主に外部のメディアや個人から評価してもらうSEO対策です。

別名、被リンク対策外部リンク対策とも呼びます。

自身の作成したページURLをSNSで宣伝し、より多くのユーザーに共有を促すことで、外部サイトで参照してくれる可能性が高まり、被リンクの獲得に繋がります。

そうなると結果的に、自然な被リンク(良質な被リンク)が増えるので、Googleに評価されやすくなる仕組みです。

良質な被リンクの獲得には、以下の施策が効果的です。

  • 関連会社や顧客サイトに被リンクを設定してもらう
  • ユーザーのブログに記事を載せてもらう
  • バナー広告を出稿する
  • ディレクトリ型検索エンジンに登録する
  • ソーシャルブックマークに登録する
  • SNSで宣伝する
  • インフルエンサーに宣伝してもらう

具体的な対策に関しては関連記事で述べています。

【関連記事】

外部対策の注意点

外部対策によって、低品質な被リンク(海外からのスパムリンクなど)も増えやすくなります。

低品質な被リンクが増えると、Googleからペナルティを受ける場合があるため、注意が必要です。

その場合は、外部からのリンク否認を検討し、調整を図りましょう。

【低品質な被リンクの例】

  • 海外サイトからのスパムリンク
  • 相互リンクだけを目的とした外部Webページからのリンク
  • ブログなどのコメント欄からの最適化されたリンク
  • 特定のキーワードを過剰に詰め込んだリンク
  • 共通コンテンツからの大量リンク

リンク否認に関する詳細ページはこちらから

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信し、自然検索から集客の増加を目指すSEO対策です。

ミドルワードやロングテールワードだけでなく、キーワードによってはビックワードにも有効で、幅広いキーワードに対応することが出来ます。

検索ユーザーの意図にマッチした記事を増やすことで、単体ページだけでなく、サイト全体のテーマ性も高まり、検索順位上位を獲得しやすくなります。

ポイント   具体的な施策
対策キーワードの選定Googleが提唱している「マイクロモーメント」という概念を理解しておく必要があります。Googleによると、「マイクロモーメント」(検索行動に出る瞬間)は、「知りたい」「行きたい」「したい」「買いたい」の4つに分類されます。一般的には、モーメントが「知りたい」や「したい」の時は、ハウツー系やお悩み解決系などの記事ページが上位表示される傾向であるため、「知りたい」「したい」のモーメントで使われる検索ワードのSEO対策を行う場合は、コンテンツSEOで対応します。
コンテンツの質と情報量・ユーザーが求めている情報を把握して、最適な回答を提供する
・オリジナルでユニークなコンテンツを提供する
・テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する・ユーザビリティに優れたものを提供する
E-A-TExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のアルファベットの頭文字で作られた略語です。「E-A-T」を意識したコンテンツ作りは重要で、サイトのテーマと関連するコンテンツで対策を行う必要があります。

関連記事

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

SEO対策に効果的なツール

ここでは、SEO対策に効果的なツールについて3つご紹介します。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

Google Search Console (グーグルサーチコンソール)は、Googleが提供する無料解析ツールです。

検索KWの順位やアクセス数など、コンテンツの検索順位を下げる可能性など、Webサイトやページ単位で問題点を確認できます。

【公式サイト|Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

Google Analytics(グーグルアナリティクス)

Google Analytics(グーグルアナリティクス)とは、Googleが提供する無料解析ツールで、ユーザーがWebサイトに訪問した際、どのような行動をしたかを把握できます。

トラフィック量やトラフィックの発生元、Webサイトとのやり取りを確認できます。

これらのデータは、Webサイトのコンテンツと戦略が効果的かどうかを確認するのに役立ちます。

データが戦略が十分でないことを示している場合は、それを改善するための措置を講じることができます。

【公式サイト|Google Analytics(グーグルアナリティクス)

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)はWebサイトの表示速度を測定し評価する無料ツールです。Googleが無料で提供しており、モバイルとPCそれぞれの表示速度の評価を見られます。

タグなど特別な設定は不要で、表示速度を調べたいWebサイトのURLを入力するだけで簡単に利用することができます。そのため、自社サイトだけではなく、競合他社のwebサイトも簡単に調べられます。

また、WEBサイトの表示速度を測定し、表示速度を向上するための修正箇所を提示します。修正箇所に従って改善をすることで、表示速度を向上させることができます。

【公式サイト|PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

まとめ

本記事では、SEO対策に焦点を当て、その概要や重要性、具体的施策、効果的なツールなどについて解説しました。

Webサイトを運営し、Webサイト内でユーザーへのCVにつなげたい場合、SEO対策は必須です。

仮に良質なWebサイトを制作したとしても、検索順位上位に表示されなければ、期待する集客効果は得られません。


SEO対策はテクニックが先立ってしまいがちですが、まずは、SEO対策の基本的な考え方を理解することから始めましょう。

また一度検索順位上位に表示されるようなっても、SEO対策は終わりではありません。

Googleの定期的なアップデートやユーザートレンドなどに柔軟に対応し、高順位をキープするためにSEO対策を継続することを心がけましょう。

本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

  • この記事を書いた人

みけねこ屋

ブログ部®管理人です。        2021年10月より運用開始、やっと6ヶ月が経過して、 Googleに認められた感じがします。 ブログ・アフィリエイトの情報を発信中です。 一緒にブログの樹を育てましょう!

-SEO対策